上場インタビュー

東京は朝から雨なのですが、午前10時すぎには都心での開花が発表されました。満開は7〜10日後とのこと。

さて、本日もきのうに続いて〈ほぼ日〉さんのジャスダック新規上場についてです。上場に関しての糸井さんのインタビューは、テレビ東京のワールドビジネスサテライト(WBS)でも放送されていますが、気仙沼ではネットされていません。そこで今日は、東京証券取引所スタジオからの株式情報ネットTV〈Stock Voice〉での糸井さんインタビュー映像を紹介します。約13分間です。


〈Stock Voice〉3月16日公開動画

糸井さんは東証でのセレモニーを終えて、東証内のスタジオに入ったのでしょう。ネクタイをしめています。ある種の正装でしょうか(笑)。このインタビューを見て感じたことをちょっとだけ。利益や成長についてです。

上場、つまり株式を公開しているわけですから、株主からは一定レベルの利益や成長を求められるのが普通の話。でも、ほぼ日は通常の株式会社とはちょっと違った志向をもつ企業です。映像では10分ぐらい過ぎたところで、そこをどう考えているかをたずねられました。糸井さんはつぎのように答えました。

〈自然な成長を僕らは否定しているわけじゃないんですけど……。金もうけだけがうまい人っていうの、友達になりたくないんですよね、あんまり。友達になって欲しい会社なんです。チカラがないとやっぱり何の役にも立たなくなっちゃうから、自然に成長して、少しずつ付いてゆく体力とか筋力みたいなものとか、それを使っていきたいというのが……。ま、一見、反成長みたいに聞こえるかもしれませんが。成長は否定していません。〉(発言引用は以上)

発言中の〈友達になって欲しい会社なんです〉というのは、〈ほぼ日は、友達になって欲しいと思われたい会社なんです。そういう会社になりたいんです〉という意味に私は受け取りました。

逆にとらえれば、お金をもうけるためだけの人よりは、友達になって欲しいと思うような人に株主になって欲しい。だって、そんなに大きな成長を目的にしている会社ではありませんから。といったところでしょうか。

なお、上場当日3月16日の東証での様子は、下記の〈ほぼ日ニュース〉がくわしく伝えています。東証の〈あの鐘を鳴らす〉セレモニーなども。上場を実現するまでには相当に大変な努力と苦労があったと思います。それだけに糸井さんはじめメンバーの方々のうれしさと喜びが伝わってくるような気がいたしました。こちらもご覧いただければと。

ほぼ日ニュース/3月18日
3月20日ブログ記事「ほぼ日さんの上場」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 ほぼ日 糸井重里 ジャスダック上場

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示