ほぼ日さんの上場

皆様すでにご存じのように、糸井重里さんが社長をつとめる〈株式会社ほぼ日〉が、3月16日に東証JASDAQ市場に新規上場しました。本日は、気仙沼の人が知っておいたほうがよさそうな、ほぼ日上場の基本情報をまとめます。

まず、JASDAQ(ジャスダック)ですが、東京証券取引所(東証)が運営する株式市場です。東証には一部、二部の市場もありますが、ジャスダックは以前の〈店頭登録〉と同様に新興企業向けといってよいでしょう。東証一部はもっとも上場基準が厳しく、いわゆる〈一部上場企業〉との呼称は一流企業の証ともいわれます。

法人としての〈ほぼ日〉の歴史は、1979(昭和54)年に糸井さんが個人事務所を設立したことに始まります。同社コーポレートサイトに記された沿革から主要項目と気仙沼関連事項を抜粋してみましょう。

1979年(有)東京糸井重里事務所設立
1998年『ほぼ日刊イトイ新聞』 創刊
2001年「ほぼ日手帳」販売開始
2002年(株)東京糸井重里事務所に組織変更
2011年 気仙沼のほぼ日開設(11月)
2013年 株式会社気仙沼ニッティング設立(6月)
2016年 株式会社ほぼ日に社名変更(12月)
2017年 東京証券取引所JASDAQ市場に上場(3月16日)

なお、本年2017年2月1日には佐藤卓さんがデザインした〈ほぼ日〉のロゴマークが発表されています。詳しくはこの記事で。

なぜ〈ほぼ日〉が上場したのか。その疑問に対しては、東洋経済のインタビュー記事がわかりやすいと思います。糸井さんにつぐ第2位の大株主としてのお嬢さん池田(糸井)あんださんにも触れるなど、踏み込んだ内容となっています。

東洋経済オンライン3月16日配信記事

上場日の3月16日には、糸井社長の記者会見があり、各紙がその内容を伝えていますが、〈fashionsnap.com〉の3月16日配信記事には、震災に触れてつぎの記述がありました。

〈 約10年かけて上場への準備を重ねてきた糸井社長は、「これまでの“トレーニング”の歴史が認められたことに喜びを感じている」とコメント。2011年3月に発生した東日本大震災が社会性を強く意識する大きなきっかけになったといい、「社会的な存在であることがとても重要なんだと意識した。歴史や社会から『あってよかった会社』と思われたい」と意欲を示した〉(引用は以上)

気仙沼の皆様をはじめ、ほぼ日の支社ともいうべき〈気仙沼のほぼ日〉をよく知る人はとても共感できる言葉でしょう。そして3月17日の読売新聞朝刊には、糸井さんと気仙沼の関わりについて、さらに詳しい記事が掲載されていました。その紹介はあらためて。

糸井重里さんはじめ、ほぼ日関係者の皆様にあらためてお祝いを申し上げます。ジャスダック上場、おめでとうございました。

日本経済新聞 3月16日配信記事
日本経済新聞 3月4日配信記事
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 ほぼ日 糸井重里

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示