3.11からのヒカリ

今年も、〈3月11日からのヒカリ〉が開催されます。気仙沼の内湾〈鼎ヶ浦〉の3カ所から「鎮魂」「希望」「感謝」の想いを込めた3本の光を放射するこの催しは、震災の翌年から毎年おこなわれています。私たち〈気仙沼中学校20回生支援会〉は今回もこのプロジェクトに協賛させていただきます。初回からですから今年で6回目となるのですね。本日はそのご報告です。

311ヒカリ
公式サイトのイメージ(画像クリックでサイトにジャンプ)

開催日:2017年3月11日(土)
時 間:18時30分から深夜0時まで
会 場:気仙沼市内湾(鼎が浦)
主 催:3月11日からのヒカリ実行委員会
後 援:気仙沼市/気仙沼商工会議所/河北新報「リアスの風」/(株)三陸新報社/K-NET
協 賛:気中20回生支援会/昭和42年中学卒業気仙沼・仙台三陸会(現在も募集中)

上記協賛団体名にある〈昭和42年中学卒業気仙沼・仙台三陸会〉は略称〈KSS42〉。小山達朗君(気中3年9組)が代表をつとめている同年会です。いまのところ私たちの同年2グループの協賛のみでちょっとさびしいのですが、これから増えてくることでしょう。

なお、上記の公式サイトのトップ画面右上にテキスト中継〈気仙沼を届けよう〉の案内が表示されていますが、これは昨年までのもので、今年はおこなわれないようです。誤解なきよう念のため。(追記:詳細はわかりませんが、今年もおこなうようですね。誤解させてしまいました。申し訳ありません)

今回も例年どおり、企業団体そして個人からの募金をおこなっています。5枚1500円のクリアファイルや1点1500円のポスター(A2サイズ)が用意されています。詳しくは募金サイトをご覧ください。

募金サイト
オンライン募金ページ
公式Facebook

3月11日、静かに天に向かって放たれる3本のヒカリが、多くの皆さんのさまざまな思いを込めたものになって欲しい。そんな願いから、本プロジェクトに協賛いたしました。催しのご紹介とあわせ、当会をご支援いただいている方々へのご報告といたします。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 3月11日からのヒカリ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示