南小歩道橋の復活

昨年12月27日の三陸新報にこんな記事。

学童橋
三陸新報2016年12月27日記事の一部イメージ(クリックで拡大)


気仙沼の内ノ脇地区と南郷地区を結ぶ〈南小歩道橋〉が復旧されました。旧・南気仙沼小学校(南小/なんしょう)の多くの児童が利用したことから〈学童橋〉と呼ばれていたそうです。1967年に開校した南小は2012年3月で気仙沼小学校と統合して閉校、45年の歴史の幕を閉じました。復活した歩道橋は今後、内ノ脇と本郷のふたつの災害公営住宅を結ぶ橋となります。

新年1月8日の三陸新報〈論説〉でも、この歩道橋のことをとりあげていました。

学童橋論説
三陸新報1月8日論説の一部イメージ(クリックで拡大)


南郷地区や南小の歴史などにもふれながらつづられたこの論説は、なにか心にしみるような感じがいたしました。筆者はこの橋を利用するなど内ノ脇や本郷地区をよく知る方なのでしょう。以下に引用します。

「 (前略)正式名称は「南小歩道橋」。1967年(昭和42年)に開校した南小が建つ南郷は当時、一帯が水田だった。公立病院(現市立病院)が河原田から田中に移転して3年ほど。本郷や田中前も同様で、住宅はまだまだ少なかった。

 南小に通学していた児童の多くは、大川を挟んだ内ノ脇、幸町、仲町など、開校前は気仙沼小学校区の子供たち。南小歩道橋は、子供たちの通学には無くてはならない橋だったのである。

 初代は木造の橋だ。子供たちの姿は当時、休みの日でも絶えなかった。カマキリやザリガニ、フナなどを捕りに行ったり来たり。橋の上ではハゼなどを狙って釣り糸を垂らす子供のほか、大人の姿もあった。

 高度経済成長とともに、南小周辺をはじめ田中前は住宅や商店、事業所が建ち始めた。通学のほか、買い物や通院など、大人にとっても日常生活で欠かせないものになっていく。

 開校から8年後の75年(昭和50年)、コンクリート製の橋に架け替えられた。津波で流出した旧歩道橋である。子供たちの安全確保のため、両側の金網が高く張られるようになっても、子供たちの元気な声は変わらなかった。春ともなれば、大川左岸の桜並木に花見客が繰り出し、にぎやかな時間は夜まで続いた。」(引用中断)

ここまでは〈学童橋〉ができてから震災までの歴史。その後はつぎのように続きます。

「 旧橋の流失する光景は、南小に避難した多くの市民が目にしたことだろう。家屋などの建物や自動車を巻き込み、大川をさかのぼってきた津波は、橋をものみ込んだ。橋は激流にあらがうこともできず、いとも簡単にのみ込まれた。

 あれから6年近くたっての復活。しかし、たもとにあった南小は、気仙沼小に統合されてなくなった。代わって両岸には災害公営住宅が建った。復興事業が進む内ノ脇には、運動施設の整備が予定され、気仙沼大橋も架け替えられる。

 街並みは表情を変えていく。新設された「学童橋」は「南小」という名前は残ったものの、その役割は街並みと同じく変わらざるを得ない。新たな市立病院が赤岩杉ノ沢に完成すれば、住民の往来は増すだろう。前の橋と同様、地域に愛される橋となることを願う。 」(引用は以上)

〈学童橋〉36年間の歴史とこれからがとてもうまくまとめられていて省略が難しく、長い引用となりました。ご容赦いただければと。

南小歩道橋両岸地域の変遷を述べたこの論説には、失ったものに対する郷愁の思いがにじんでいました。〈論〉というよりも〈情〉を感じさせる文章であったように思います。

南小には、小山隆市君をはじめ、幸町や仲町、内ノ脇に暮らす私たちの同級生の息子さんや娘さんも通いました。そうした南小出身者や父兄にとって、学童橋復活に対する思いは格別のものがあるでしょう。

末尾になりましたが、明日1月14日は小山隆市君(3年6組)の命日。4年たちました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 南小歩道橋 南気仙沼小学校

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/64~65歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示