気仙沼バプテスト

きのう10月5日のブログでは、気仙沼カトリック幼稚園の設立経緯を紹介しましたが、書いているうちに一昨日4日の愛耕幼稚園の話では、その母体となったバプテスト気仙沼教会についての説明が不足していたなあと感じました。そこで本日は「気仙沼市史」第7巻の記述を中心に、現在の日本バプテスト気仙沼教会にいたる歴史を簡単に紹介します。

まず、気仙沼でバプテストの伝道が開始されたのは明治18年(1885)とされています。その後、明治32年に、南町の田丸庄右エ門方に講義所が設けられたほか、明治36〜38年頃には、新町の旧家松葉屋や南町の斎藤広橘方(大丸屋)も講義所とされました。その後、南町の講義所は閉鎖されましたが、明治42年に八日町にあった上坂酉三義兄所有宅などいくつかの場所に移ります。

大正2年(1913)7月17日には、東北各地のバプテスト教会代議員により気仙沼バプテスト教会の設立が承認されました。この日が教会設立記念日とされています。その2年後、大正4年2月30日(この市史の月次は誤植で、正しくは3月30日)、気仙沼に大火があり、幸徳方を借りていた教会も類焼してしまいますが、これを機に初めての自前の会堂を持つことになります。その場所を市史は〈大堀丁の角(西風釜(ならいがま)44番地・現 南町2ノ1ノ8、仙台銀行気仙沼支店)〉と記しています。

やっと出てきましたね。大堀銀座交差点の角で銀行やマスヤがあったところ。この場所で、大正5年に保育園が始められました。市史には、〈大阪のバプテスト女子神学校を卒業した佐々木しげが主任となり、上坂みどり(のち足利)がこれを助けた〉とあります。〈(前略)やがて入園児は一般家庭の子女にまで広がっていったのである。これが気仙沼における保育事業の嚆矢(こうし)となった〉とも。

この和風建築の会堂も昭和4年2月23日の大火で類焼しますが、年末には洋風2階建ての牧師館兼教会堂として再建されました。

この後、教会と幼稚園は三日町に移ります。市史の幼稚園関連記述部ではその移転年を昭和32年としていますが、これも誤植でしょう。気仙沼文化史年表では、教会堂の献堂式挙行も幼稚園の移転も昭和31年(1956)11月18日としています。その出典は市史でも参照している「気仙沼教会80年史」ですし、市史の献堂式に関する記述でも昭和31年11月とされています。

その後の気仙沼市反松(そりまつ)への移転については、市史と文化史年表の違いはありません。教会の定礎式が昭和53年12月、そして翌54年4月30日に教会堂と幼稚園園舎の落成献堂式が行われました。

最後に、『目で見る気仙沼の歴史』(気仙沼ライオンズクラブ/昭和47年発行)掲載の〈バプテスト気仙沼教会〉の写真をご紹介。これが大堀銀座交差点角にあった教会です。

バプテスト教会
『目で見る気仙沼の歴史』より

以上で、気仙沼における旧教(カトリック)と新教(プロテスタント)としてのバプテストに関する紹介を終わります。いまは、〈気仙沼におけるキリスト教伝道に詳しい郷土史研究家の小田さん〉になったような気分です(笑)。

来週10日(月)は体育の日で休日です。どうぞ、よい週末・連休をお過ごしください。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 バプテスト気仙沼 愛耕幼稚園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/64~65歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示