ケネディ大使投稿

キャロライン・ケネディ駐日米大使が9月17日に気仙沼の唐桑町舞根を訪問したことは、9月22日のブログも紹介しました。本日紹介するのは、ケネディ大使による17日のツイッター投稿です。

ケネディ大使

ケネディ大使9月17日ツイッター投稿より

上の画像は和文版ですが、英文版ではつぎの内容となっています。Inspired by visionary Grandpa Oyster farmer Shigeatsu Hatakeyama, who says “forests are lovers of the sea"

visionaryは和訳されていないようですが、〈先見の明のある人〉のこと。そして、〈森は海の恋人〉は〈forests are lovers of the sea〉となっています。これはこれでよいと思いますが、活動名としての公式英文は、〈The sea is longing for the forest〉となっています。

本日の話題は、この〈longing for〉という訳語について。思慕するとか、思いこがれるといった意味をもつ〈long for〉という英語のヒントをくださったのは美智子皇后なのです。重篤さんがいくつかの講演でそのように話しています。

重篤さんは、1994年の朝日森林文化賞受賞者として同年7月に天皇皇后両陛下にお目にかかっています。また、その3年後1997年に宮城県蔵王で植樹祭が開催されたおりには、皇后陛下からお声がかかり再びお話しをする機会に恵まれました。

美智子皇后に直接お目にかかったのはこの2度だと思いますが、〈long for〉という訳語についての教示はこれとは別のやりとりがあったのではないでしょうか。重篤さんもそのあたりはあえて詳しく書いたり語ったりしていないようです。

重篤さんが両陛下にお会いになった話は以前このブログで書いたなと思い調べてみましたら、2014年12月の記事にありました。「森は海の恋人」という活動名が、熊谷龍子(りゅうこ)さんの歌〈森は海を 海は森を恋いながら 悠久よりの 愛紡ぎゆく〉から名付けられていることや、熊谷龍子さんが、気仙沼の新月に生まれた歌人 熊谷武雄のお孫さんであることなどを書きました。お手すきのときにでもお読みいただければと。

2014年12月12日ブログ「田園歌人熊谷武雄」

なお、ケネディ大使のツイートでは〈lovers〉を使っていましたが、活動当初は〈darling〉という英語だったようです。Woods, the darling of the sea.

これについては、2014年10月にブログに書きました。我々の感覚からすると〈ダーリン〉はなんかちょっと違うような、違わないような(笑)

2014年10月6日ブログ「昭恵さんスピーチ」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 畠山重篤 キャロライン・ケネディ 唐桑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示