キャロラインさん

キャロライン・ケネディ駐日米大使が9月17日に気仙沼大島や唐桑町舞根を訪問しました。これは、ケネディ大使が復興支援サイクリングイベント「ツール・ド・東北2016」の「気仙沼ワンウェイフォンド」(気仙沼から石巻まで)参加に合わせてのものです。

大島訪問については河北新報が伝えています。大震災で米軍が展開した支援活動「トモダチ作戦」に感謝する島民と共に桜を植樹し、相互交流の誓いを新たにしたとのこと。

ケネディ大島
河北新報9月18日配信記事より(クリックで記事にジャンプ)

唐桑町舞根では、NPO「森は海の恋人」を訪問しました。三陸新報の記事をご紹介。

舞根のケネディさん
三陸新報9月18日記事より

記事によれば、〈ケネディ大使は「故郷のマサチューセッツも養殖を行っていたが、こんなに大きな貝は見たことがない」などと語り、初めて食べたホヤにも「とてもおいしかった」と笑顔〉を見せたとか。

前日16日には、手作りアクセサリーに取り組んでいる〈アクアラボ気仙沼〉なども訪れたとのことです。なお、昨年の〈ツール・ド・東北〉参加のおりには、気仙沼ニッティングも訪問しています。

気仙沼ニッティング/キャロライン・ケネディ駐日米国大使のご訪問

なおケネディ大使は今回、気仙沼から石巻に向かう途中で、児童ら84人が震災の津波の犠牲となった石巻市立大川小学校の慰霊碑に花を捧げています。

ケネディ大使のお父様であるJ.F.ケネディ米国大統領が不幸な死をとげたのは1963年11月22日でした。私は気仙沼小学校6年生。キャロラインさんが6歳の誕生日を迎える5日前のことです。私たちと同じ世代の多くの人が、葬儀の時のまだあどけない姿をおぼえていることでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 キャロライン・ケネディ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示