鹿折の復興MAP

8月9日のブログで、市発行の「けせんぬま復興ニュース」第97号に掲載された、魚町・南町地区のまちづくりマップを紹介しました。本日紹介するのは、同ニュース第94号に第1弾として掲載された鹿折(ししおり)地区のまちづくりマップです。

鹿折復興マップ
「けせんぬま復興ニュース」第94号(本年6月15日発行)より

ニュースに掲載されている概要説明を引用します。

鹿折地区の土地区画整理事業地内では、北側に住宅ゾーン、南側に工業ゾーン、県道沿いに商業ゾーンか整備されます。住宅ゾーンには、災害公営住宅、(仮称)市民福祉センター、コミュニティセンター(公民館) などの公共施設、商業ゾーンには、金融機関、スーパー、コンビニ、ガソリンスタンドなどの商業施設、また、南側の工業ゾーンの隣接地には、水産加工施設等集積地が整備され、多くの水産関連施設が立地、または立地予定となっています。なお、土地区画整理事業地および水産加工施設等集積地の周辺においても、小・中学校、郵便局、ホームセンター、スーパー、病院などが立地、または立地予定となっています。(引用は以上)

中央部に位置する災害公営住宅は全8棟ですが、そのうち、4階建て1棟と5階建て2棟の計110戸が完成し、その入居が7月29日に始まっています。そして鹿折地区では8月11日、水産加工団地や災害公営住宅などが完成したことをうけての〈まちびらき式〉がおこなわれました。そしてこれに連続するかたちで開催されたのが〈鹿折復興盆踊り大会〜鹿折復幸マートさよならフェスティバル〉。打囃太鼓や浪板虎舞、そしてLIGHT UP NIPPONによる花火も打ち上げられ、多くの人が盆踊りを楽しんだようです。

復幸マートは2014年10月にオープンしましたが、今年8月末で営業を終了し、解体されます。8月12日配信の河北新報記事によれば、入居店舗19軒のうち、4軒は同地区内に新設される「かもめ通り商店街」に移るものの、再建が未定の店舗も多いとのことです。

〈まちびらき〉と〈さよなら〉というふたつの言葉が交錯する、様々な思いに満ちた盆踊りになったようです。

8月9日ブログ「内湾の復興MAP」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 鹿折 まちづくりマップ 鹿折復幸マート

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示