同級生アスリート

先日、調べたいことがあって〈気仙沼文化史年表〉の頁をめくっていたら、スポーツ大会に関する記述のなかに同級生の名があることに気づきました。リオ・オリンピック開催時ということもあり、中学高校時代の〈同級生アスリート〉の活躍をピックアップ。

まずは金沢潤君(3年11組)についてのつぎの記述。

金沢潤君

気仙沼文化史年表の一部イメージ

◎昭和42年4月20日
気仙沼中学校 金沢潤が41年度中学校陸上競技記録100mで7位にランク

昭和42年4月にはすでに気仙沼高校1年となっていますが、前年度の成績を総合しての全国陸上競技記録ランキングでしょう。気仙沼中学3年の金沢潤君が100m走で全国7位と評価されたのです。金沢の潤ちゃんは、気仙沼小学校1年8組の同級生。小中高を通じて圧倒的な足の早さを誇っていました。気高を卒業し、たしか日本体育大学に進んだあと、高校での教職につきました。現在は仙台で暮らしています。

昭和44年2月、気仙沼高校2年のときには柔道の記録が記されています。

◎昭和44年2月10日
県下高校重量別柔道大会で気高 菅原孝市が中量級、諸橋茂が重量級で優勝

菅原孝市君は気中(3年11組)で、同級生の及川徳子さんと結婚しました。調べたら徳子さんも同じ11組。中学のときから愛を育んでのゴールインか(笑)。息子さんは気仙沼市役所に勤めていて、昨年か一昨年に東京事務所に配属され、〈気仙沼を元気にする会〉で会うことができました。

諸橋茂君は津谷中学から気仙沼高校に進みました。同年会〈けせもい会〉のメンバーですから先日の気高同窓会でも顔を合わせています。防衛大学から自衛隊に進み幹部自衛官として要職をつとめていいます。ウィキペディアで調べると、第2師団副師団長 兼 旭川駐屯地司令のあとは、陸上自衛隊研究本部幹事となっています。階級は陸将補。

気仙沼高校3年のときの宮城県総体でも気仙沼勢が活躍したようです。

◎昭和44年6月1日
第18回高校総合体育大会で気高柔道・陸上、鼎高フェンシング優勝、個人では気高金沢潤、菅原龍三、田川耕三、気水高小松利喜が優勝

田川耕三君は鹿折中学出身で、気高フェンシング部だったと思います。理科系のクラス3年6組で同級でした。10数年前に東京で一度会いました。IT関係の会社を経営しています。菅原龍三さんは気高で一学年下の方のようです。

以上はあくまで、〈気仙沼文化史年表〉に記載されていた内容のピックアップ。当時活躍していたにもかかわらず、ここに名が欠けている方が大勢いるはずです。

そうした気仙沼における若きアスリートだった同級生たちは、今回のリオ・オリンピックの競技をどんな気持ちで見ているのでしょう。

メダルを胸にして賞賛をあびる姿、大きな期待を背にしながらも果たせず競技場を去る姿。そのいずれにも、40数年前の自らの姿を重ねあわせ、静かに涙しているのではないか。そんな気がします。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 金沢潤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/64~65歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示