マンボの港祭広告

8月6日の三陸新報には、この日から始まった〈気仙沼みなとまつり〉に関する記事や広告がたくさん掲載されていました。そのなかにあってキラリとひかるこんな広告が。

8月6日マンボ

気仙沼の喫茶店(というかなんというか/笑)〈マンボ〉が、昭和35年(1960)に三陸新報に掲載した広告とのこと。コピーというか宣伝文句を書き出してみましょう。


南国の香りを
ただよわせるマンボ

港まつりには
お二人連れで
是非マンボへ

夏の宵を心ゆくまで
お楽しみくださいませ……

いいよねえ。ポエム オブ マンボ。


今週はこれにて失礼します。連日の暑さで少し頭がヘンになっているようです。この週末は、お二人連れで是非マンボへ。夏の宵を心ゆくまでお楽しみくださいませませ……(笑)

一昨年のマンボ再開店広告のコピー〈あなたも わたしも マンボへ いきましょう〉もなかなかのものでした。つぎのブログで書きました。

2014年5月1日ブログ「マンボ再開店」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 マンボ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示