仙河海ものがたり

一般社団法人 気仙沼サポートビューロー(KSB)主催の第5回KSB復興フォーラムが9月3日(土)に東京で開催されます。今回は、気仙沼中学校で教師を3年間勤められた経歴がある直木賞作家・熊谷達也さんを囲んでのフォーラムです。KSBサイトから内容を抜粋してご紹介します。

◎第5回 KSB復興フォーラム
仙河海のものがたり
〜直木賞作家・熊谷達也が紡ぐ気仙沼叙景

熊谷達也著書
KSBサイトから(クリックでサイトにジャンプ)

以下、KSBサイト案内文からの引用です。

熊谷達也さんは、昔と今の気仙沼を知る稀有な現役作家で、震災後は、気仙沼市をモデルとした「仙河海市」を舞台に、年代や登場人物が交錯した複数の物語を描かれています。そんな熊谷達也さんの描く「仙河海(せんがうみ)」の物語は、気仙沼人の人柄や気質、気仙沼の風土、文化、風習を深く知り、感じることができる貴重な読み物になっています。仙河海シリーズはこれまで5冊の単行本が刊行されており、8月には新刊『揺らぐ街』が光文社から刊行されます。

今回は、作家として、自身のこの5年を振り返りながら、仙河海シリーズに込めた想いを語っていただきます。直木賞作家が、気仙沼を舞台にした自作について語る、非常に貴重な機会です。書籍を読まれた方はもちろん、まだ読まれていない方も、この機会をお見逃しなく、ぜひご参加ください。(当日は17時30分から、数量限定で熊谷達也さんの新刊『揺らぐ街』のサイン本販売もいたします)

◎開催日時
 平成28年9月3日(土)
 18:00〜21:30(開場17:30)
(受付は17時50分までにお願いします)
◎会場
 赤坂ダイニング ままや
 東京都港区赤坂2丁目13−23 トミヤビル2F
 電話03-3584-8822
◎会費 5,000円(食事・飲み物込み)
◎定員 30名(応募者多数の場合は抽選)
◎お申込み
下記のKSBサイト内の申込フォームにて、あるいは、お名前・ふりがな・メールアドレス・熊谷達也先生へのメッセージ(ひと言)を記載のうえ、下記のアドレスにメールにてお申し込みください。(引用は以上)

気仙沼では、「みなとのがっこう」などで熊谷達也さんを囲む会が何度か催されていますが、東京でのこうした会はなかなかないことでしょう。詳細は、KSB公式サイトをご覧ください。

KSBサイト
メール宛先:forum@ksn-b.com

これまでの仙河海シリーズ既刊5冊については、つぎのブログにて。

3月4日ブログ「仙河海ストーリー」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 熊谷達也 仙河海 KSB

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示