大谷防潮堤見直し

東京都知事選も終わり、きょうから8月です。

朝日新聞が7月29日(金)に配信した気仙沼・大谷海岸 防潮堤計画、大幅に見直し〉とのニュースには驚きました。前日28日の三陸新報〈大谷海岸周辺整備 前進へ〉という論説記事で、大きな進展があることは知っていたのですが、朝日新聞の記事はより具体的な内容を伝えていました。

そして7月30日には住民説明会が開催され、見直し案が示されました。それを受けて翌31日の河北新報がこれを報じています。


kahoku

河北新報7月31日配信ニュースより(クリックで記事にジャンプ)


◎〈防潮堤〉住民意向受け国道「兼用堤」に

 東日本大震災で被災した気仙沼市本吉町の大谷海岸に海抜9.8mの防潮堤を建設する計画で、県と気仙沼市は30日、防潮堤の建設位置を計画より内陸に移し、国道45号を防潮堤も兼ねた「兼用堤」にする見直し案を明らかにした。「県内随一の海水浴客を誇った海岸の砂浜を復活させてほしい」という地元の意向を踏まえた内容で、同海岸の再建は大きく前進する。
 大谷小で開いた住民説明会で示した。県の当初計画では海岸沿いを走る国道の海側に防潮堤を造るとしていたのに対し、国道の約850m区間を9.8mまでかさ上げして防潮堤の役目を持たせ、震災前の規模の砂浜2.8ヘクタール確保する。
 国道の兼用堤化については国が難色を示していたが、市は「おおむね調整がついた」と説明した。
 このほか、市が兼用堤の後背地3.9ヘクタールを堤防高と同じ高さでかさ上げし、道の駅「大谷海岸」や駐車場を整備する。2020年度の完成を目指す。
 同海岸の大谷海水浴場は環境省の「快水浴場百選」に選ばれ、震災前の10年は県内トップの約6万5000人が訪れたが、震災による地盤沈下で砂浜が減少。防潮堤建設によって砂浜の奥行きがさらに失われ、にぎわいを取り戻せるか心配する声が上がっていた。
 大谷地区振興会連絡協議会と大谷里海(まち)づくり検討会は15年8月、国道を兼用堤にして砂浜をできる限り確保するよう求める要望書を市に提出していた。協議会の鈴木治雄会長は見直し案について「海水浴場が守られる内容だ。計画を前に進めて早く再開につなげてほしい」と述べた。(引用は以上)

三陸新報は、31日にはこの件についてなにも記事にしていません。本日は月曜で休刊。明日にでも詳しい記事が掲載されることでしょう。地域住民らのねばり強い活動、交渉が県などの行政を動かしたのでしょう。私も海水浴に何度も訪れた大谷海岸。朗報だと思っています。

なお、NHK(仙台放送局)も30日にローカルニュースでこの大谷防潮堤のことを報じ、ニュース映像を含めて配信しています。こちらもどうぞご覧ください。

NHK7月30日配信ニュース内容
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 大谷海岸 防潮堤 兼用堤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示