壌さんと「うを座」

本日は演劇のご紹介です。7月9日の気仙沼高校関東同窓会で、千田理恵さんから一枚のチラシを受け取りました。理恵さんは気中26回生で、同窓会だけでなく気仙沼関連のイベントではなにくれとなくお手伝いされている方です。

座

◎演劇倶楽部「座」公演『鶴八鶴次郎』
2016年 8月3日(水)〜7日(日)
シアターサンモール
地下鉄丸の内線 新宿御苑前駅 大木戸門方面出口より徒歩3分
詳細は、演劇倶楽部「座」HPにて

この演劇倶楽部「座」の〈鶴八鶴次郎〉に理恵さんの甥/兄上の息子さん千田遊人さんが出演するというのです。

演劇倶楽部「座」は、壌晴彦(じょう・はるひこ)さんが主宰する劇団です。壌さんは、劇団四季を経て俳優そして演出家として活躍されていますが、気仙沼演劇塾〈うを座〉の活動開始時からその指導を続けてくださっているのです。ありがとうございます。

千田遊人さんも〈うを座〉の出身で、2006年に気仙沼高校を卒業、その後は国際基督教大学(ICU)に進み、今年の春に卒業しています。理恵さんいわく〈端役だと思うけど〉とのことですが、こうして本格的な舞台に立つのですから大したものです。詩作もされているところなど、父親の基嗣さんの良き薫陶を得てといったところでしょうか。

〈うを座〉の出身といえば、フリーアナウンサー佐藤千晶さんや、気仙沼の唄姫 熊谷育美さんもその一員だったはず。〈うを座〉で知った表現することの素晴らしさ、そして難しさといった経験がいま生かされているのでしょう。

なお、18年前から〈うを座〉の活動を会計の面で支えてきたのが同級生の〈のんちゃん〉こと臼井(斎藤)典子さん(3年1組)。きのう久しぶりに電話で話すことができました。お子さんの関係で〈うを座〉を手伝ったのかと思っていたのですが、聞いてみたらそうではなく、声をかけてもらったので〈挑戦〉したとのこと。そういえば、フェンシング千田健太さんの後援会でも会計監査を引き受けていました。

2015年5月28日ブログ「のんちゃんとの話」

〈うを座〉の旗揚げは平成10年(1998年)のこと。この18年にわたる継続的な活動はけっして簡単なことではありません。私は気仙沼が誇るべき活動のひとつだと思っています。鈴木恒子座長はじめ、関係者の皆様のご努力に心から敬意を表したく。

「うを座」FACEBOOK
「うを座」ホームページ
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 壌晴彦 うを座 鶴八鶴次郎

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示