祝!気仙沼PORT

7月23日(土)、横浜に気仙沼関連商品の販売ブースが誕生しました。その名も「気仙沼PORT(ポート)」です。これについては、7月9日の気仙沼高校関東同窓会に出席した菅原市長が挨拶のなかで詳しく紹介していましたが、同日の三陸新報も記事としていました。

79横浜
三陸新報7月9日記事の一部イメージ

販売ブースは、横浜市みなとみらい21地区の大型商業施設「横浜ワールドポーターズ」内に設けられます。約10平方メートルですから、それほど大きなスペースではありませんが、気仙沼の加工食品や雑貨を中心に品揃えするそうです。上記の三陸新報の記事は、7月8日に行われた、「横浜ワールドポーターズ」を運営する(株)横浜インポートマート(神奈川県や横浜市などの出資による第3セクター)と気仙沼市の連携協力協定締結の様子です。今回の協力協定によって、販売ブースのオープンのほか、気仙沼市のPRイベントや情報発信などを行っていくとのことです。

なお、販売ブース「気仙沼PORT」のスペース賃貸料は免除されますが、その他の費用については、「東日本大震災復興支援基金」を財源にするとのことです。同基金については、7月19日のブログで紹介しております。

私は23日のオープニングに出向くことができませんでしたが、故 小山隆市君(3年6組)の三男 晃宏さんが駆けつけてくれて、彼のブログで報告してくれました。その写真を借用して紹介します。(画像はクリックで拡大)

横浜3

また、23日当日にはNHKのテレビニュースでも紹介されました。ネットで動画映像が配信されていますので、ご覧ください。

NHKニュース7月23日配信

私も時間をみつけて足を運んでみようと思っています。みなさまも是非おでかけください。

◎気仙沼PORT
「横浜ワールドポーターズ」2階デッキ
横浜市中区新港2-2-1

公式HP
公式FACEBOOK
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 横浜ワールドポーターズ 気仙沼PORT

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示