ありし日の七夕祭

故 小山隆市君(3年6組)の長男で、コヤマ菓子店を継いでいる裕隆さんのブログ。その7月13日の記事は、震災前にコヤマの店があった仲町大通りの今後についてでした。その中に〈仲町七夕まつり〉の写真5枚が掲載されていましたが、最後に紹介されていたつぎの写真を見て驚きました。

 仲町
裕隆さんの7月13日ブログより(画像クリックでブログにジャンプ)

写真の中にうつる七夕まつりの写真は、以前このブログでも紹介したものだったのです。三陸新報の2005年4月2日記事〈気仙沼人 活き枠 写真展〉に掲載されました。真ん中が小山隆市君、左が長男裕隆さん、右が次男の貴史さん。

三陸 七夕
三陸新報2005年4月2日記事より(クリックで拡大)

以前のブログで私はこう書いています。〈2002年には第39回として開催されていますから、ずいぶんと回を重ねてきたのですね。仲町大通り会が中心となって開催されてきましたが、そのお世話役が隆市君でした〉

そして2011年の震災後の仲町大通りの姿が、一枚目の写真です。背景としてうつるのが魚市場に向かう大通りなのでしょう。震災さえなければ48回目の七夕まつりを開催していたのではないか。それが、まさかこんなことになるとは。額縁のいたみを見ると、自宅か店の瓦礫の中から見つけ出した写真なのでしょうか。

写真をもつ手が裕隆さんなのか隆一君なのか定かではありません。しかし、瓦礫が連なる仲町の通りに、ありし日の仲町七夕まつりと親子3人の姿を重ね合わせてシャッターを押した撮影者の気持ちがどんなだったか。それを思うと、ちょっとせつないです。

2013年8月5日「仲町の七夕まつり」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 仲町大通り コヤマ菓子店

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示