気中6回生同年会

おととい7月18日のブログで、私たち気仙沼中学20回生の同年予定をご紹介しましたが、6月30日の三陸新報には、気中6回生の同年会についての投稿がありました。気中6回生は、昭和12年4月〜13年3月生まれで、生徒数は489名。そのうち、88名が5月18日に気仙沼プラザホテルに集まったそうです。

気中6回生

三陸新報6月30日掲載投稿記事の一部イメージ

私たち気中20回生の14学年先輩の方々で、「傘寿を祝う会」でもあったようです。傘寿ですから数え年80歳。投稿記事を読むと、これまでは還暦・古希・喜寿の機会に同年会を開いてきたようです。

6月11日には、私たちの4学年上にあたる気中16回生が気仙沼で同年会を開きました。私の兄も仙台から参加。約250名が集まったそうです。この学年はまさに終戦直後の〈ベビーブーム〉で生まれ、その後は〈団塊(だんかい)の世代〉と呼ばれることとなりました。兄によれば中学は14クラスで1学年なんと約700人です。私たち気中20回生は11クラスあって、卒業アルバムの名簿を数えると生徒数472名でした。

私は、平成25年8月27日の「小山隆市君・阿部健樹君ほかを偲ぶ会」には参加できなかったので、平成24年11月3日に南三陸ホテル観洋で開催された「還暦祝い後1年・震災復興支援感謝の集い」から、4年ぶりの同年会となります。4年前は、震災後で気仙沼市内では会場がとれず、南三陸町で会を持ち、翌日に気仙沼を訪れました。今年9月の気仙沼訪問は、その時以来4年ぶりということになります。2011年2月の同年会/還暦祝いのときは、魚町の実家に泊まったのですが今はなく、今回はホテル泊。ちょっとさびしい感じもするのですが、それはそれでまた一興ということにしておきましょう。

2012年11月5日ブログ「感謝の集い・報告」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示