あれから50年 か

今年9月に気仙沼で開催される気仙沼中学20回生の同年会の案内状が先週とどきました。中学を卒業してから50年ということで〈あれから50年同年会〉。その内容を紹介します。

あれから50年

「あれから50年同年会」開催について

 拝啓 向暑の候、同年生の皆様にはご健勝でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 平成25年8月27日に開催した「小山隆市君・阿部健樹君ほかを偲ぶ会」には約90名の仲間が集い、東日本大震災以降に亡くなられた7名の写真を見、思い出話をしながら故人を偲び、また、久しぶりにあった仲間と楽しいひとときを過ごしました。
 震災後5年3ヶ月が経過しました。市内では災害公営住宅や防災集団移転が進むなど住宅整備はようやく形が見えてきており、水産業、水産加工業関係の施設整備や三陸沿岸道路や大島架橋などの整備も進み、まちには活気が戻ってきたような気がしますが、新しいまちづくりは思うようには進んではいないような気がしております。
 さて、3年前の偲ぶ会終了後、幹事で反省会を行った際、70歳の古稀までみんなで集まる機会がないのは寂しい、中学校を卒業後50年になる65歳の年に何とか集まれないものかという話題が出ました。
 幹事が再び集まり相談した結果、お彼岸で帰省される人たちもいるからということで、下記の日程で「あれから50年同年会」を開催することといたしました。
 つきましては、再び旧交を温めたいと思いますので、是非多くの方々にご出席をいただきますようご案内申し上げます。 敬具

実行委員長 臼井真人



1. 日時 平成28年9月24日(土)午後5時
2. 場所 サンマリン気仙沼ホテル観洋
  気仙沼市港町4-19(電話0226-24-1200)
3. 会費 5,000円

会費は、案内状に同封されていた各クラス会計宛ての振り込みとなっております。参加申込み及び会費の振り込みの締め切りは8月31日(水)です。

封筒の裏面には、実行委員長臼井真人君(3年2組)と共に、事務局として小山謙一君(3年9組)の名がありました。今回も開催に伴う諸事を引き受けてくれたようです。それから、各クラス担当はじめ様々なお手伝いをしてくださる方々も、本当にありがとうございます。当日を楽しみにしております。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 あれから50年同年会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示