矢野家ヒストリー

NHKテレビの「ファミリーヒストリー」はいつも楽しみに見ている番組のひとつです。その7月7日放送は、気仙沼ともご縁のある矢野顕子さん家族のヒストリーでした。

◎ファミリーヒストリー
◎矢野顕子~青森大空襲 祖父が救った命
◎再放送
日付としては7月14日ですが、13日の深夜です。
7月13日(水)深夜/24:15〜25:00
(14日午前0:15〜1:00)

番組紹介サイト

(番組紹介文)青森の医者の家で育った矢野顕子さん。医者を始めたのは祖父の代。そこには“神降ろし”という不思議な祈りをする曽祖母が関わっていた。さらに昭和20年の青森大空襲、祖父がとった驚きの行動が明らかになる。また、母方は明治維新後、会津から青森へと向かった武士の家系。会津藩の殿様に仕えた重要な役職だったことも判明。歴史が大きく動くなか生き抜いた家族の歳月を通じて、唯一無二の矢野音楽のルーツに迫る。(引用は以上)

矢野さんは2012年12月16日に、〈ほぼ日〉さんの企画「矢野顕子の音楽の稽古場」で気仙沼に来てくれましたが、1983年4月2日にも気仙沼でコンサートを開催しています。これについては2013年7月8日のブログで、このコンサートを企画した吉田(岩渕)恵子さん(3年8組)の思い出話を書きました。そのブログ記事では、三陸新報の〈とっておき この一枚〉に掲載された矢野さんとコンサート実行委員会メンバーとの記念写真を紹介しました。その〈とっておき〉を再度ご覧いただきます。

矢野顕子コンサート
三陸新報2004年3月23日掲載記事より(クリックで拡大)

前列中央の矢野さんの表情は、〈ファミリーヒストリー〉で見たミスユニバース青森県代表にもなったお母様にそっくりです。また、番組で紹介される父方の曽祖母は、気仙沼地方でいう神がかりの巫女〈おがみさん〉だったようです。矢野さんの唄い振りを思い、〈さもありなん〉と私は妙に納得したのです。

そんなこんな、とても興味深い矢野顕子さんの家族の歴史。再放送は今週水曜日の深夜です。録画などでどうぞご覧ください。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 矢野顕子 ファミリーストーリー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示