婦人画報の応援団

6月20日のブログ婦人画報の気仙沼」で、雑誌『婦人画報』7月号の気仙沼関連記事を紹介しました。その写真クレジットに〈2015年12月号掲載〉とありましたので、同号をさっそく図書館で申込み、先日手にすることができました。

5頁にわたる特集でした。まずは左頁の魚市場にならぶメカジキの写真から始まります。右頁は、フランスの高級宝飾ブランド〈BOUCHERON〉(ブシュロン)の広告です。気仙沼ブランドのメカジキとの対照が素敵だ(笑)。

画報1

つぎの見開きの見出しは〈はまらいんや〉です。

画報2

左頁が気仙沼の廿一(にじゅういち)地区のツリーハウスツリーハウス〈Merry〉です。この写真を見て思い出しました。以前、東北ツリーハウス観光協会のサイトにこの雑誌での掲載が紹介されていました。写真で樹上にうつっているのは同協会事務局長の斉藤道有さん。右頁の写真はK-portです。オーナー渡辺謙さんからのファックスも紹介されています。つぎの見開きは両頁とも唐桑関連で、左が〈折石〉、右が〈もまれ牡蠣〉です。これらの写真は、先日紹介した本年7月号でも使われていました。以上の5頁が、婦人画報の連載特集「この郷(クニ)をゆく」の第81回でした。

画報3

婦人画報の2013年12月号では、気仙沼ニッティングを紹介しています。気仙沼ニッティングのウェブサイトに誌面イメージの画像がありました。特集名は、〈世界が微笑むギフトを贈る〉です。

こうして何度も気仙沼のことをとりあげてくれて、編集部に応援団があるのではと思うくらいです。こうした特集を通じて、婦人画報の読者の方々に気仙沼が強く印象づけられたことでしょう。関係者の皆様、ありがとうございました。

なお、東北ツリーハウス観光協会と気仙沼ニッティングは共に、〈気仙沼のほぼ日〉の事務所をオフィスとして使っています。27日(月)に更新された〈沼のハナヨメ。〉42話では、その話を紹介していました。こちらも是非ご覧ください。

気仙沼のほぼ日/沼のハナヨメ。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 婦人画報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示