防潮堤高見直しへ

5月27日(金)の河北新報が、防潮堤に関する記事を2件配信していました。震災被災地で計画されている防潮堤の高さについて、国が、震災に伴う地盤の隆起分を差し引いて建設するよう沿岸自治体に求めることになったというのです。ちょっと長いのですが、資料ということで2件の記事の主要部分を引用します。(見出しクリックで引用元にジャンプします)

防潮堤:高さ一斉見直し 隆起分差し引き

地盤変動幅
河北新報5月27日配信記事より

 東日本大震災の沿岸被災地で計画されている防潮堤の高さについて、国が近く、震災に伴う地盤の隆起分を差し引いて建設するよう沿岸自治体に求めることが26日分かった。国土地理院が7月にも沿岸部の再測量に着手。結果を踏まえ、各自治体は防潮堤の高さを一斉に見直すとみられる。内陸側から見える堤高は、現在の計画より数十センチ低くなる可能性がある。
(中略)
 国土交通省や農林水産省は、防潮堤を建設する各県や市町村に対し、新しい水準点に基づき防潮堤の高さを見直すよう求める方針。隆起分を反映させた形で計画高の修正を図り、コスト削減や、陸地側からの景観に対する配慮を促す。
 着工済みの防潮堤に関しては、工期変更に伴う費用の増減、周辺の復興関連事業への影響などを踏まえ、見直しの可否判断を求める見通しだ。
 震災後、建設が計画されている防潮堤の建設距離は岩手69.4km、宮城243.9km、福島67.3km。完成したのは岩手25.2km(完成率36%、3月末現在)、宮城50.0km(21%、2月末)、福島6.2km(9%、1月末)。

[防潮堤の高さ]東日本大震災の被災地で、数十年~百数十年に1度発生が予想される高さ(L1)の津波を防御するため、2011年に設定された。地形や過去の津波を踏まえた計画高は海抜2.6~15.5m。数百年に1度の震災級津波は防御できない。

防潮堤:高すぎるの声 新基準どこまで反映

 東日本大震災の津波被災地で、防潮堤の計画高から地盤の隆起分を差し引くよう建設自治体に求める国の方針について、沿岸の首長らからは26日、歓迎の声が上がった。巨大防潮堤を巡っては「高すぎる」という批判が根強い。新たな高さの基準が、防潮堤計画にどこまで反映されるかが今後の焦点となる。
 「震災直後に定められた水準点が見直されることは聞いている。これで隆起分を低くして工事できる」。気仙沼市の菅原茂市長は国の動きを評価した。
 同市は衛星利用測位システム(GPS)による観測で震災後に地盤が65cm沈下したが、今春までに25cm隆起した。市は防潮堤が余分に高くなるのを防ぐため、38カ所のうち10カ所で隆起分を差し引いた建設を検討してきた。
 各県が建設する防潮堤高見直しへの期待も膨らむ。
(中略)
 ただ、沿岸市町村が建設する防潮堤工事は今後本格化する所が多いのに対し、宮城県は全体の約7割で工事に着手している。設計や工事が進んだ段階で計画を変更すれば費用が増える可能性もある。国との調整も必要となり、「県がどれほど高さを変更するかは不透明」(沿岸自治体の担当者)という声もある。
 県が5.1mの防潮堤建設を始めた気仙沼市内湾地区の菅原昭彦復興まちづくり協議会長は「防潮堤高を10cmでも20cmでも下げたいというのが現地の思い。県は来年2月の水準点改定を見越してすぐに高さを見直してほしい」と訴える。

引用は以上です。

河北新報の記事で菅原市長のコメントにもありましたが、県ではなく気仙沼市が整備する10漁港の防潮堤について、隆起分を低くしたいという市の考えは4月14日の三陸新報も伝えていました。

国の方針を受けて県が整備した防潮堤が高すぎて、漁業関係者が困っているという話は以前からあがっていました。昨年だったでしょうか、気仙沼市議会でも熊谷雅裕議員が質問していたように記憶しています。しかしそれも、県がやることに市側からの声は反映されにくいといった行政の壁があるようでした。

27日の記事は、あくまで地盤沈下や隆起ということによる防潮堤高の見直しです。菅原昭彦さんが語る「防潮堤高を10cmでも20cmでも下げたい」という現地の思いを反映した見直しではないでしょう。

以上、長くなりましたが、防潮堤関係の資料ということでご覧いただければと。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 防潮堤

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示