小春さん受賞祝い

こどもの日の5月5日(木)は、林(奥玉)小春さん(3年2組)への平成27年度東京家政大学「渡邉辰五郎賞」贈賞式でした。受賞理由などについては、3月28日のブログでお伝えしたとおりです。私は〈推薦者〉としてのお招きを受け妻とともに参加。式や講演会には松本英人君(4組)も来てくれました。そして午後6時からは新橋で同級生が集まってのお祝いの会を。まずはタテの写真を2枚。1枚目は小春さんと小田。2枚目は新橋〈松竹梅〉にてのお祝い会。

メダルと たて全体

午後3時からの贈賞式では、渡邉辰五郎賞の小春さんと、奨励賞のお二方にそれぞれ記念メダルと賞状そして副賞が理事長と学長より手渡されました。その後は、受賞者の記念講演。小春さんは始めの10分で震災時の中央公民館への避難を伝えるニュース映像を紹介、その後の10分で当時の状況を自身の言葉でしっかりと話しました。私をはじめ会場の皆さんが聴き入り、みな感銘をうけていたように思います。話の後には大きな拍手が。

式のあとは会場を変えてのお茶会。松本君や妻の友人で家政大学出身の白幡さんもまじえ 5人の気仙沼関係者が学長らと親しく歓談することができました。

新橋でのお祝い会については写真の紹介にて。上京中だった吉田〈ぶっちゃん〉惠子さんもかけつけてくれ、小春さんの家政大学時代の同級生3名も参加して総勢15名の楽しい会となりました。

女性陣 3人小田
追加 男性4人
集合 家政大

念のため、1枚目の小春さんを囲んだ女性陣のお名前だけ記しておきましょう。旧姓にて失礼します。左から岩渕さん、龍崎さん、真紀さん、小春さん、藤田さん、斎藤裕子さんです。写真に入りたがる恒四郎君がいつも困りものです(笑)。最後の一枚は小春さんの家政大学同窓の皆さま。

小春さんの震災当時の話は、やはり当事者しか語ることのできないものであると強く思います。そして、多くの人が〈これまでか〉と思いながらも、3階屋上に設置された給水タンク塔上に子どもを避難させたときの〈せめて幼い子らの命だけでも〉という切実な気持ち。それを思うと本当にたまらない気持ちになってしまいました。

そうした過酷な経験をした小春さんですが、今回の受賞を機にみんなでこうした楽しい会を持つことができたのはなによりのこと。小春さん、このたびの受賞、本当におめでとうございました。あらためてお祝いを申し上げます。

3月28日ブログ「小春さん受賞報告」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 渡邉辰五郎賞 林小春

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示