益男君が教育長に

気仙沼高校の美術部で一緒に活動した同級生、齋藤益男(ますお)君が教育長に選ばれたという三陸新報2月27日の記事。紹介しようと思いながらあっという間に2カ月経ってしまいました。

2月27日益男

三陸新報2月27日記事の一部イメージ

記事の見出しに〈新制度で〉とあるのは、教育委員会制度が新しくなったため。教育長と教育委員長を一本化して教育委員長は廃止されます。その新制度での新教育長に益男君が就任ということ。市議会の同意を得て市長が任命というのも新制度になって初めてのことだそうです。

益男君は気仙沼高校3年6組(理科系)の同級生。松岩中学出身、温厚で学業も優秀、美術部では部長をつとめました。高校卒業後は国立山形大学教育学部に進学。その後は各地の中学校や県教育委員会などを経て、平成24年3月に気仙沼小学校の校長を最後に退職とのこと。25年5月に教育委員長となったときには、このブログでも紹介しました。

ちょっと懐かしい思いがして高校の卒業アルバムを開いてみました。

美術部
気仙沼高校22回生卒業アルバムより

美術部員の写真。前列左端が益男君、後列右端がわたくし小田です。前列右端が美術担当教師でもあった斉藤克己先生。以前、斉藤先生が亡くなったということを聞き、お元気なうちに近況をお知らせしておけばよかったと悔やみました。大変お世話になったのです。

美術部の写真は美術室で撮影しました。いまはもうないのでしょうが、カットしたバウムクーヘンみたいに机が半円形に並べられていました。後方にはデッサン用の石膏像が収められた戸棚が。ヴィーナス、ブルータス、アグリッパなどの像名を思い出します。高校を卒業してから46年。美術部のみんなとも長いあいだ会っていませんが、元気にやっていることでしょう。

益男君が新制度の教育長として仕事を始めるのは5月25日。気仙沼市の教育行政は小中学校の統廃合をはじめ様々な課題をかかえていますが、よき教育環境づくりのため力をつくして欲しいと願っております。

2013年5月29日ブログ「松岩の齋藤益男君」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 松岩中学 斉藤益男 教育長

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示