Newば!ば!ば!

3月31日の三陸新報につぎの広告が掲載されていました。

3月31日
三陸新報3月31日掲載広告

〈ば!ば!ば!プロジェクト気仙沼〉公式サイトがオープンしたことの告知です。

ば!ば!ば!プロジェクト気仙沼/公式サイト

気仙沼の一般社団法人「リアス観光創造プラットフォーム」が2014年8月から展開してきた〈ば!ば!ば!の場〉。これは、地元気仙沼の魅力を市民みんなで再発見しようとするワークショップ形式の活動です。昨年9月には、「ば!ば!ば!フェスティバル」として、一日に5つのプログラムを同時開催するなど、その活動を活発化させてきました。

私は今回の公式サイトを見て、〈ば!ば!ば!の場〉という名称をあえて使わないようにしているように感じました。〈ちょいのぞき気仙沼〉などの活動なども含む全体の活動を〈ば!ば!ば!プロジェクト気仙沼〉として捉え直そうとしているのかも。活動の新しいステージが始まったということかもしれません。

〈ば!ば!ば!プロジェクト〉の新しいサイトの中には、現時点で4本の動画コンテンツが含まれています。その中に見知った顔があるとなんかうれしい。たとえば、以前このブログでも紹介した〈気仙沼再発見。古地図の旅〉では、講師役をつとめた2年上の山内繁さんや、1年下のSONEさんらの元気な姿がうつっています。4本ともサイトの〈企画紹介〉から見ることができますのでぜひ。

ば!ば!ば!プロジェクト/企画紹介

この〈ば!ば!ば!プロジェクト気仙沼〉公式サイトの開設は、平成27年度の事業だったのではないでしょうか。年度内3月31日までに成果物とするために、いろいろ大変だったろうと勝手に推測しております。関係者の皆様、まずはお疲れさまでした。

気仙沼のこれからの観光を考えるうえで市民・住民の参加は大事な要件。〈ば!ば!ば!プロジェクト気仙沼〉の今後の活動を大いに期待しております。


なお、リアス観光創造プラットフォームが展開する体験プログラム〈ちょいのぞき気仙沼〉が4月16日(土)、17日(日)にも開催されます。今回は、函屋探検、氷屋探検、魚市場の復興物語、メカジキ解体ショー&BBQ、漁具芸人!?と遊ぼう!、漁師ゴト。メカブ狩り、わくわくツリーハウスピクニックの8種のプログラムが用意されています。詳しくは下記のリーフレットをご覧ください。

案内リーフレット:表
案内リーフレット:裏
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 ば!ば!ば!プロジェクト ば!ば!ば!の場

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示