あの日から5年、

4月8日のブログで、週刊文春3月17日号〈阿川佐和子の この人に会いたい〉での井重里さんとの対談内容を紹介しました。本日は、同じ号に掲載されていた座談会〈『つなみ』の子どもたちが語る〜あの日から5年、これからの5年〉を紹介します。

つなみ文春
週刊文春3月17日号より

タイトルにある『つなみ』とは、震災のおよそ3カ月後に文藝春秋臨時増刊として発行された『つなみ 被災地のこども80人の作文集』です。18万部を越えるベストセラーとなりました。その80人のその後を追った、週刊文春2013年3月14日号の〈「つなみ」の子どもたち 「絶望」と「希望」の狭間で 〉という記事はこのブログでも紹介しました。

今回の座談会はその続編的な内容で、80人のなかから宮城県出身の3人が震災後の5年を振り返っています。そのなかの一人が、気仙沼の南町にあった三束(みつつか)ふとん店の娘さん香織さんなのです。彼女の発言部分を抜粋して紹介します。司会と記事の構成は前回と同じく『つなみ』の編者である森健さんです。


森 みんなはどういう気持で作文を書いたの?

三束 私は迷うところがありました。震災体験を忘れないで生きてきたつもりですが、文章に書こうとすると苦しい部分もあったからです。私は友人を亡くしているのですが、その子のことは思い出したくなくても思い出してしまう。でも、そのことはやはり文字にはできませんでした……。それだけ引きずっている部分なんだなと自分で思いました。

森 三束さんの実家は気仙沼の内湾地区で3代以上続くふとん店でしたよね。事業再建を断念するとお父さんから聞いたときは。

三束 本当に悲しかった。頑張ってほしかった気持ちもあるんです。でも、大変な思いをしていたお父さんに「もう一度頑張って」なんて、とても言えませんでした……。

森 気仙沼ではこの5年間、防潮堤の高さを巡って県と住民でもめてきました。県と国が高さ10メートル規模の防潮堤計画を出したことで気仙沼の住民は反発。住民会議が各地で開かれ、行政と協議が行われました。結果、当初の計画より低く設置することになりました。この経緯は、他の地域の人から見ると、理解しにくいところもあったように思います。なぜ気仙沼の人は防潮堤を嫌がるのだろうと。

三束 震災のあと「元に戻す」という目標があったと思うんです。その目標からすると、海が見えない気仙沼は地元の人にとって別物に感じてしまう。長年海を見て暮らしてきたので、巨大な防潮堤は見たくない。その思いが反対につながっているのだと思います。もちろんまた津波が来たら、どうするのかという安全面の話もあるので、矛盾しているんですが……。本当にこれは悩ましいです。(後略)

司会の森さんが気仙沼の防潮堤に関して語っている部分は、内湾地区とほかの地区の話がまざっていて読者に誤解を与えそうなところもあります。しかし、〈気仙沼の人がなぜ防潮堤を嫌がるのだろう〉との質問は、実に根本的で大事な問いかけであるように感じました。

三束さんは震災後に大船渡の高校に進み、いまは仙台の専門学校に通っています。洋菓子づくりなどを勉強して、気仙沼で自分のお店を開きたいと、つぎのように語ります。

〈やはり元の家のあたりで。また津波が来るのは嫌ですけど、見慣れた土地にカフェを建てたいんです。お年寄りの方には持ち帰れるケーキを販売して、若い人には座ってゆっくりできる店をつくりたいと思っています〉

私が気仙沼で暮らしていたころには、南町の三束ふとん店の角を曲がると丸光デパートがあったなあ。1966年6月の開店です。私たちが中学3年のときでした。気仙沼ではじめてのエスカレーターを備えた店舗。その後は〈ビブレ〉、そして〈イコーレ〉となって2007年に閉店。南町もさまざまに変遷してきました。そして震災。

三束ふとん店があった〈元の家のあたり〉南町や魚町で進む新しいまちづくりのなかで、香織さんの夢が実現することを願っております。

2013年5月10日ブログ「絶望と希望の狭間」

スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 森健

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示