週末 TV・演劇情報

本日は、今週末連休3日間の気仙沼関連テレビ番組と演劇情報を紹介します。

1:まつりの響き~第16回地域伝統芸能まつり

◎3月19日(土)14:00~15:30
◎NHK/Eテレ
〈唐桑の大漁唄込み〉として崎浜と鮪立の両方の唄込保存会が出演します。2月28日にNHKホールで収録された番組で、今年のテーマは〈和~踊り、祈り、癒し、和む〉。ほかには、黒石ねぷた祭り(青森県黒石市)、大國魂神社の大和舞(福島県いわき市)、秩父屋台囃子(埼玉県秩父市)など。

2:満天☆青空レストラン

◎3月19日(土)18:30~19:00
◎日本テレビ/NNN系列(気仙沼はミヤギテレビ)
宮川大輔さんが気仙沼を訪ね、石渡商店さんの〈完熟牡蠣のオイスターソース〉を紹介します。石渡久師専務が登場するほか、料理には原料の牡蠣を提供している唐桑の守屋水産/つなかんの方々も参加するようです。

3:定点映像 震災5年の記録

◎3月20日(日)19:00~20:50
◎NHK/BS1
以前も同じテーマでの番組がありましたが、第18共徳丸が打ち上げられていた気仙沼の鹿折地区の映像も紹介されます。5年にわたり、NHKが独自に同じ場所から同じ画角で町並みの変化を撮影してきた「定点映像」です。

4:演劇「それでも明日はやってくる」

◎3月21日(月)午前10:00〜11:30(9:30開場)
◎めぐろパーシモンホール/小ホール(東京都目黒区八雲1-1-1)
◎料金:無料

3月2日
三陸新報3月2日記事の一部イメージ(クリックで拡大)

気仙沼の鹿折地区と唐桑地区の住民ら6人による寸劇。3月2日の三陸新報によれば、震災の津波で船を沖出しした漁師の父や、家を流されるのをまのあたりにした祖父などの家族が避難所に入るまでの物語。震災直後から気仙沼市内で支援活動を行っているNPO「こころの応援団」(群馬県)が被災者の聞き取りをもとに台本を制作したとのこと。南相馬市の住民らによる演劇もあるそうです。19日には高崎でも公演します。

会場の〈めぐろパーシモンホール〉は、2月28日の〈東日本大震災復興支援コンサート〉が行われた場所。目黒区のご厚意を感じます。東急東横線の「都立大学」駅から徒歩7分です。

21日(月)は春分の日の振替休日ですね。ご都合の許す方はどうぞお出かけください。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 それでも明日はやってくる

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示