支援者のみなさま

震災後、気中20支援会としての支援物資を気仙沼に届けたのは2011年3月25日のことです。小山達朗君(3年9組)と鈴木徳一君(3組)、千葉憲二君(4組)、それと板橋和夫君(9組)に加え、津谷出身のけせもい会メンバー諸橋茂君、協力スタッフの計6名。そして5月11日にも2回目の支援物資を徳一君と板橋君とが運んでくれました。そのときに、私が作成したチラシも一緒に持っていってもらいました。こんな感じ。



当時、小山隆市君一家が身を寄せていた古町の貝塚商店さんに支援物資を置かせてもらっていたのですが、そこにこのチラシも置いていたので覚えている方もいるかもしれません。

そして、ここに記した方々が、支援物資購入などの資金を寄付してくださいました。支援物資のほかにも、今回で5度目となる〈3月11日からのヒカリ〉の協賛や、先日の台湾南部の地震被災お見舞いなどにも使わせていただきました。また、2012年11月3日に南三陸ホテル観洋で開催された気仙沼中学校20回生「還暦祝い後1年・震災復興支援感謝の集い」に際しては、開催費用にあてて欲しいと気中20支援会として50万円をおくっております。(これはまだ使わずに大事にとってあるらしい)

いまあらためて支援者の方々のお名前を見ていても、本当にありがたいとあらためて思います。このチラシ作成時以降にも寄付をお寄せ頂いた方も含めて、つぎのブログでもお名前を紹介しております。このほかにも寄席などの催事やお店などでの募金に協力してくださった沢山の方もいらっしゃるのです。

2012年11月16日ブログ「支援者の皆様」

もうすぐ震災から5年。支援者の方々に、お寄せいただいた浄財活用についてご報告するとともに、あらためてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示