鎮守の森をつくる

きのうのブログを書くために気仙沼市唐桑の早馬(はやま)神社ホームページを見ておりましたら、3月19日(土)に植樹祭が行われるとの記述がありました。ちょっと早いのですが、忘れないうちに紹介しておきましょう。

植樹祭
早馬神社Facebookより

以下、早馬神社Facebookより案内文を引用します。

 早馬神社では3月19日(土)、イオン(株)さまのご後援のもと 『東北復興ふるさとの森づくり「早馬神社」鎮守の森づくり植樹祭』が開催されます。

 震災で15mもの津波が襲い、大きな被害を受けた早馬神社の境内周辺に植樹活動を行い、将来、地域の皆様の命を守るとともに癒しの場となる「鎮守の杜」となり、豊かな環境保全林へと発展していくことを願い植樹を致します。開会に先立ち鮪立大漁唄込保存会による奉納唄い込みが行われたり、終了後には唐桑産のカキ汁やホタテなどの昼食をご用意しております。皆様振ってご参加くださいますようご案内致します。

・日時:平成28年3月19日(土)雨天決行
・午前10時00分~12時00分
(受付開始午前9時20分)
・会場:早馬神社境内前広場(気仙沼市唐桑町宿浦75)
・規模:参加者約200名
・植樹本数:約2,000本(樹種/シラカシ、タブノキ他)
・服装:軽装にてスニーカー又は長靴でお越し下さい。
・主催:早馬神社
・後援:イオンワンパーセントクラブ
神社に備え付けの参加申込書に必要事項をご記入の上、早馬神社社務所へお申込みください。(遠方の方は電話申込可)(引用は以上)


募集人数についてチラシでは100人、Facebookでは参加者200人とありますが一般募集人数と関係者を含んだ参加人数の違いだと思います。

この植樹祭を後援するイオンワンパーセントクラブは、イオングループ各社が寄附・協賛する公益財団法人。東日本大震災における支援活動のひとつとして、〈鎮守の森づくり〉支援もおこなっています。2013年8月の気仙沼市一景島神社での2500本の植樹もこの活動の一環としておこなわれました。

このほか、イオングループは、気仙沼周辺での植樹を積極的に支援しています。気仙沼大島の亀山での植樹も2013年から3カ年計画で進め、今年も継続して開催されることでしょう。

こうした活動をバックアップしているのが唐桑町鮪立(しびたち)出身の村上教行君です。唐桑中学から気仙沼高校に進み、首都圏同年会〈けせもい会〉のメンバー。イオングループの経営幹部として要職を歴任、現在はイオン顧問、イオンモール会長、イオン東北代表をつとめています。今回の早馬神社植樹祭についても、村上君の配慮があるのだろうと推測しております。

3月19日(土)。どうぞ早馬神社の植樹祭におでかけください。そしてイオングループのご支援に対してあらためてお礼を申し上げます。いつもありがとうございます。

2015年9月29日ブログ「イオンの植樹支援」
2012年10月18日ブログ「木を植えています」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 鎮守の森づくり植樹祭 早馬神社

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/64~65歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示