魚市場新施設起工

気仙沼魚市場の新施設が建設されることになり、1月7日に起工式がおこなわれました。三陸新報はじめ各紙で伝えていますが、仙台放送のテレビニュースを紹介します。



ニュース内容を引用します。
宮城・気仙沼市は、魚市場の既存の施設に加え、新たに高度衛生管理型の施設を建設する。その起工式が、7日、現地で行われた。起工式には、市や水産関係者などおよそ80人が出席し、工事期間中の安全を祈願したあと、くわ入れで着工を祝った。

新たに建設される施設は、老朽化にともない建て替えが計画されていた、2棟の荷さばき場で、震災で全壊したことから、高度な衛星管理型の市場として整備される。総事業費は、およそ190億円で、壁で仕切られた閉鎖型の荷さばき場や、鮮度を保つための低温売り場が新設される。

気仙沼市の菅原 茂市長、「気仙沼の水産業が、真の復興を遂げるように、その起爆剤となることを、この魚市場に期待したい」と述べた。新しい施設の完成は、2017年3月の予定。(引用は以上)

河北新報によれば、事業費の約190億円の大半は国が負担するとのこと。着工時期は用地取得に時間がかかるなどしたため、予定より1年以上遅れたそうです。

魚市場は、気仙沼の漁業や水産加工業の要ともいうべき施設。来年3月の新施設の完成で、気仙沼の復興にはずみをつけて欲しいと思う一方で、魚市場近辺の防潮堤計画についての疑問の声はその後どうなったのかが気になりました。少し調べてみようと思います。

河北新報1月8日配信記事
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼魚市場 浜らいん

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/64~65歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示