かもめ食堂開店!

きのうもお伝えしましたが、千葉憲二君(3年4組)の気仙沼「かもめ食堂」が本日19日にめでたく開店の運びとなりました。昨日は、メディア関係者に事前公開され、夕方の仙台放送や東北放送のテレビニュースでも紹介されました。仙台放送のニュース映像をご覧ください。(配信は終了しました)



また、本日配信の河北新報にも記事が。河原田〈寿司処 一心〉の実木枝さん(4組)の〈店名に懐かしさを覚えた。味も抜群〉とのコメントが紹介されています。

河北新報11月19日配信記事

昨日11月18日の三陸新報にはオープンの広告も掲載されていました。

かもめ食堂
三陸新報11月18日掲載広告の一部イメージ

広告のなかから、憲二君の挨拶文を。

ごあいさつ

 向寒の候、皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。東日本大震災により、私の故郷、気仙沼が甚大なる被害を受け、悲しみに包まれました。私の気仙沼の思い出の一つである「かもめ食堂」は、私にとってふるさとの味であり、初めてラーメンを食べた店です。震災時には、すでに店じまいしていましたが、多くの方々のご協力を得て、復活することができるようになりました。ようやく戻ってこれた安堵感、復興の明かりが増えるお手伝いを出来ましたこと、誇りに思っております。
 先代のかもめ食堂が私の気仙沼の思い出の店となったように、これからの子供たちに、気仙沼の思い出の店となるように努力してまいりますので、皆様のご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

「かもめ食堂」店主 千葉憲二

◎所在地:気仙沼市港町1-10
◎電 話:0226-28-9037
◎営 業:昼10:00〜14:30(ラストオーダー)
     夜17:00〜20:30(ラストオーダー)
◎定休日:当面の間は無休

挨拶のなかにあった〈安堵感〉という言葉。憲二君の実感なのでしょうね。震災の年に場所さえあればすぐにでもと思いながらも、現地の事情がそれを許しません。そして震災から4年8カ月後、やっと開店にこぎつけました。ここにいたるまでにご協力をいただいた新横浜ラーメン博物館さんをはじめ、多くの方々に同級生としてあらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

そして憲二君、ちゃんと約束を果たすことができましたね。本当に大変だったと思う。心からお祝いを。気仙沼「かもめ食堂」の帰郷開店、おめでとうございました。


なお、今回の帰郷開店にあたっても新横浜ラーメン博物館さんには大変お世話になっております。ことし4月5日に〈かもめ食堂〉のラーメン博物館〈卒業〉に向けての話はつぎのブログにて。

3月16日ブログ「気仙沼酒場に集合」
3月6日ブログ「燃えていく気仙沼」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 千葉憲二 かもめ食堂 ラーメン博物館

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示