煙が目にしみる

18日の日曜日、「目黒のさんま祭」に行ってきました。本日はその報告です。

9時30分からの開会式には気仙沼から菅原茂市長、そして臼井真人(まこと)市議会議長(3年2組)も出席、挨拶を行いました。気仙沼中学・高校の一年先輩、生島博さんとも再会。その後の挨拶では「久しぶりに会った後輩連中が自分より老けているのを見てびっくり」とか言って、笑いをとっていました。

5000尾を用意したというさんま焼きが始まって、気仙沼からやってきているはずの佐々木徹君(3年1組)を探しましたがなかなか見つかりません。煙と炭火の熱気がすごい。そうこうしているうちに、気中20回の仲間はいつのまにか11人も参集。松本英人君(3年11組)などは愛妻同伴です。そして、周辺には気仙沼の先輩、後輩も集まって、なにか同窓会の気分。

そしてやっと発見した徹君を囲んで写真を一枚。佐々木徹君は、気仙沼のあさひ鮨の役員です。南町の本店は津波でやられ、あの場所での早期の再開は難しい状況。徹君は、義兄の村上力男社長を補佐し仙台店ほか各店の運営などにあたっています。

ほかにも東京在住の多くの気仙沼出身者が手伝いにかけつけていたようです。あとで知りましたが、気仙沼震災復興市民委員会に東京から参加している齋藤玲紀さんもサンマ焼き隊として参加していたとのこと。ツイッターで「気仙沼からはバス3台、都内からも多くの出身者が祭りを支えていました。みんな生き生きしていい顔でした」との返信をくれました。良すぎるぐらいのお天気。私たちは紫外線。さんま焼き隊は、遠赤外線でもじっくりやられたはず(笑)。

アトラクションでは、太鼓学舎「ね」の演奏と虎舞いもありました。身体に響いてくるような太鼓の音を聞いていたら、ビールの酔いもあったのでしょうか、ちょっと胸にこみあげるものがありました。

何度もきいたことのあるリズムと旋律。目黒のさんまの煙を浴びながら、気仙沼が元気だったころの港まつりの音と風景を思い出してしまったのです。

Smoke Gets In Your Eyes。煙が目にしみる。

ANNニュース映像(約3分)

投稿動画映像(約15分)



佐々木徹君を囲んで。後列左から4人目の黒Tシャツが徹君。
前列右から3人目は菅原茂市長。



臼井真人市議会議長(左から2人目)と気中20支援会有志

(写真はクリックすると拡大します)
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

笑顔!

さんま祭りの皆さんは本当にいい笑顔です。
結束力の強そうな気中の皆さんが羨ましい~!

ブログ楽しみ

震災では、ご兄弟を亡くされたり、それぞれ皆様、色々な想いをされていることでしょう。が、2月の年祝いの時と変わらぬ皆様の笑顔。懐かしく写真みました。
徹君のシャネルズの踊りまた見たいです。
衣裳も個人で揃えたと聞いてましたが、みんな流されたんですね。

小田くんのブログで、気仙沼の情報を知ることができ。
また遠い昔の自分の記憶を呼び戻したりしています。これからも楽しみにしています。

Re: ブログ楽しみ

コメントありがとうございました。徹君の魚町の自宅は2階まで津波があがりましたが、建物は残ったので、今もそこでなんとか暮らしています。あのキンキラの衣装はなんとか残っていると思うのですが。同じシャネルズのメンバー臼井弘君の衣装は、自宅とともに流されたでしょう。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示