憲二君の炊きだし

先週金曜日11月6日のブログでは、11月19日に気仙沼「かもめ食堂」帰郷オープンさせる千葉憲二君(3年4組)を紹介したBS朝日のテレビ番組を紹介しました。そして本日も千葉憲二君の話。

BS朝日「オトナの社会科見学」では、2012年10月3日に憲二君がおこなった気仙沼での炊きだしの様子を紹介していました。そこにうつる澤井充君や臼井弘君の姿を見て、以前ブログで紹介した映像と同じだなと思いました。調べてみたら、2013年8月29日のブログ「憲二君の炊きだし」で、新横浜ラーメン博物館さんの公式映像を紹介していました。以下にその内容を再録します。


〈ちばき屋〉千葉憲二君が気仙沼で何度も行った炊き出しは、このブログでも紹介していますが、昨年(2012)10月3日の様子が新横浜ラーメン博物館の公式映像で〈気仙沼「かもめ食堂」復興までの道のり〉として公開されていましたので紹介します。2つのパートに別れています。

パート1(約11分)


パート2(約9分)


パート1では〈福寿水産〉臼井弘君(4組)が、2度目の炊き出しのときに一緒にラーメンを食べた82歳のお母様のエピソードを語っています。憲二君のラーメンを〈おいしい、おいしい〉と言って食べたあと、1週間もたたないうちに亡くなったというのです。笑ってはいけないのですが、〈憲二のラーメンのおかげで〉みたいな、弘ちゃん流のジョークも感じられます。憲二君が言うには、炊き出しのとき、何十年ぶりにあった息子の旧友憲二君の頬を〈憲ちゃん、憲ちゃん〉と言いながらなでたといいます。過去のブログを調べてみたら2度目の炊き出しは2011年6月11日。弘君のお母様が亡くなったのが6月16日ですから、5日後のことだったのですね。最後の美味しいラーメンだったかもしれません。

パート2では〈澤井製作所〉澤井充君(4組)のインタビューや〈市議会議長〉臼井真人君(2組)はじめ多くの同級生の姿がうつっています。気仙沼の人たちを応援しに駆けつけた憲二君。そしてそれに対して〈ありがとう〉と伝えるために出向いた多くの友人たち。映像を見て、ホント、同級生ってありがたいもんだなと、あらためて感じました。

2011年 6月23日ブログ「天寿をまっとうし」
2012年10月10日ブログ「かもめの炊き出し」


再録内容は以上です。市民会館の炊きだし映像のなかにうつる同級生の顔や姿。牧恵さんや典子さん、小春さんもいましたね。2012年10月3日のことだから3年前のこと。当時の雰囲気、空気感を少しだけでも感じていただければと思い紹介いたしました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 かもめ食堂 ラーメン博物館 千葉憲二

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示