かもめ食堂の憲二

このブログでもご案内した11月3日(火)BS朝日「オトナの社会科見学」をご覧いただけましたでしょうか。〈これぞ極上ラーメン〉というテーマだったのですが、同級生千葉憲二君(3年4組)の「かもめ食堂」再建への道のりが約30分にわたって紹介されました。

画面の写真で番組の流れを紹介します。(写真はクリックで拡大します)

まずはじめは、魚の仲買卸を営んでいたお父さんの喜一さんとお姉さんとうつる写真。そして昔の魚市場の前にあったかもめ食堂には、小さな頃に父親に連れられていき、思い出の味になりました。

1父と 2かもめ食堂

大学を卒業後は、名店「ざくろ」で修行。30代後半で高級日本料理店の総料理長をつとめた後、40歳でラーメン店「ちばき屋」を開きます。

3ざくろ 4料理長

そしてさらに、銀座で「まかない喜いち」も開き、今ではなかなか予約のとれない人気店に。そして震災。故郷気仙沼で数度にわたり炊きだしを行いました。写真は2012年10月の炊きだし。

5きいち 6炊きだしアップ

その炊きだしでの同級生澤井充君と臼井弘君のコメント。

7澤井 8弘

そして憲二君は気仙沼での「かもめ食堂」復活オープンを計画しますが、区画整理の関係で出店場所が手当てできません。そこに手をさしのべてくれたのが、新横浜ラーメン博物館さん。現地気仙沼での出店まで、同館で「かもめ食堂」を開いたらどうかと提案してくださいました。写真は以前にかもめ食堂があった付近を歩きながら話す憲二君。そして建築中の現場で指示をする画面に〈11月19日オープン〉の文字が重なります。

9海岸 10現場

ま、ほんのさわりということで。開店に向けて、いま憲二君は大忙しでしょう。前日にはプレオープンのレセプションがあり、ご案内もいただいておりますが出席がかなわず残念です。

なお、番組で紹介されていた2012年の炊きだしはつぎのブログでも書いております。
2012年10月10日ブログ「かもめの炊き出し」
そして震災直後2011年4月の炊きだしは、次のブログ記事に。この年は6月にも炊きだしに出かけています。
2011年4月28日ブログ「ちばき屋 憲二君の炊き出し」

11月19日は午前10時開店。当面の間は無休で店を開くとのことです。この気仙沼「かもめ食堂」帰郷オープンについては、またお伝えします。本日は先日の番組内容紹介のみということで。本日は金曜日。ホント一週間が早い。よい週末をお過ごしください。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 かもめ食堂 千葉憲二

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示