KSS42秋の懇親会

きのうに続いてイベントの報告です。KSS42(昭和42年中学卒業気仙沼・仙台三陸会)の秋の懇親会の様子を代表の小山達朗君(気中3年9組)が伝えてくれました。まずは添付されていた写真をご紹介。

026_20151102194047d84.jpg

048_2015110219404621b.jpg

以下、〈たっちゃん〉達朗君の報告メール。

〈 先日の土曜日10月24日、仙台地区の同年会「KSS42」秋の懇親会を開催。仙台市内のホテル茂庭荘を会場に25名の同年生が集まり芋煮会と温泉を楽しみました。

当日は三浦清安君(気中3年11組)が初めて参加し、中学卒業以来の再会になりました。清安君は車椅子での参加でしたが、久しぶりに会う同年生と会話が弾み、あらためてみんなの優しさと親しみを実感した素敵な一日でした。

また、都合で参加できない方やご家族からも本当に沢山の差し入れを頂戴しました。気仙沼の植木実君(9組)からは気仙沼「秋刀魚昆布巻」、盛岡の佐藤律子さん(3組)から果物が、大竹純子さん(4組)のご子息からお酒、杉山秀子さん(11組)のお姉さまから美味しいお団子、お新香は阿部純子さん、(8組)から、菊田裕美君(1組)は埼玉の銘菓を手土産に東京から参加してくれました。KSS42は同年生だけではなくそのご家族にも支えていただいていることに感動を覚えています。

会場の周囲には他のグループの方が沢山いましたが、お酒とゲームで賑やかに盛り上がった私たちが一番騒がしいグループではなかったかと後からですが心配になりました。本当に楽しい時間を賑やかに過ごすことができました。また、役員の皆様のご活躍にも心から感謝です。

バスで仙台駅に戻り、二次会はカラオケで大いに盛り上がり次回の再会を誓い散会となりました 〉達朗君の報告は以上です。

楽しい集まりだったようでなによりです。一昨日の〈気仙沼を元気にする会〉であった裕美君も〈とってもよい集まりだった〉と喜んでいました。写真にうつる三浦清安君の笑顔は、私の記憶にある清安くんの表情そのもの。よかった。

KSS42は、年に2回の集まりを持っているのですね。これまでの懇親会については、このブログでも紹介してきました。つぎのリンクでご覧いただけます。

2015春
2014秋
2014春
2013秋

なんかさ、それぞれの幼かった頃を知っているみんながたまに集まるっていいよね。〈ぜんぜんみんな変わってないね〉なんていいながら。本当はかなり変わってるんだけど、みんな一緒に歳をとっているせいか気づかないんだよ。ある種の相対性理論か(笑)。

いいんだかわるいんだか。そんなことを思うきょう文化の日です。

それから、きのうもお伝えした千葉憲二君がうつる本日のテレビ番組をもう一度紹介しておきますね。11月3日(火)19:00〜20:54のBS朝日「オトナの社会科見学」です。憲二君の「かもめ食堂」再建の道のりが紹介されます。是非ご覧ください。2時間番組の後半20:18頃からラストまでの30分間。どうぞ、よろしく。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 KSS42

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示