ほぼ日さんに感謝

きのうのブログでは、東京で開催される第8回「気仙沼を元気にする会」を紹介しました。そしてこの日11月1日には、〈気仙沼のほぼ日〉さんが4周年を迎えます。もう4年たつのですね。早いなあ。

本日は、この〈気仙沼のほぼ日〉4周年と、東北ツリーハウス観光協会が制作を進めてきた気仙沼市落合地区(廿一/にじゅういち)のツリーハウス完成お披露目会を紹介します。まずは廿一のツリーハウスから。

ツリーハウス
東北ツリーハウス観光協会サイトのイメージ(画像クリックでジャンプ)

東北ツリーハウス観光協会サイト

いろいろとイベントがあるようですが、午前10時ごろからは気仙沼の食材でつくる〈究極のシーフードカレー〉づくりとのこと。

場所は、JR「新月(にいつき)」駅から南東に向かい、旧・落合小学校を過ぎて、下廿一会館を右に見つつさらに南西に行ったところにある〈ピースジャム工房〉の向かいです。大丈夫か。わかるかな。着けるかな。住所は気仙沼市落合254-1。ナビでよろしく(笑)。

マップ
ツリーハウス「メリーズ」地図(クリックで拡大)

なお、このツリーハウスづくりは、大手通販会社「Felissimo」のご協力をいただいているとのことです。フェリシモさん、ご支援ありがとうございます。

そして、このツリーハウスお披露目会や翌日11月1日の気仙沼のほぼ日〉4周年お祝い会に向けての様子が土日にわたってテキスト中継されます。題して、〈東京カリ〜番長の水野仁輔さんとつくる「気仙沼フィッシュカレー」で4周年!〉。糸井重里さんもいらっしゃるようです。

「気仙沼フィッシュカレー」で4周年!/テキスト中継

2011年11月1日、〈ほぼ日刊イトイ新聞〉の気仙沼支社的な活動として〈気仙沼のほぼ日〉がスタートしました。当初は2年間ということだったと思いますが、2013年の11月にさらに2年間の活動延長を発表してくれたのです。明日10月31日でその期限を迎えることになるのですが、さらに延長していただけるのかどうか。

いまでは気仙沼にすっかりとなじんで、ある意味〈あってあたりまえ〉の存在となった〈気仙沼のほぼ日〉。その運営には当然のことながらお金が必要ですが、なにか収益を生む事業を直接てがけているわけではなく、〈ほぼ日〉さんの善意によって支えられているといってよいでしょう。これから気仙沼は、そのご支援を手がかりにしつつも、けっして甘えることなく、自立的な復興と新しい町づくりをめざしていかなければならないと感じております。

糸井重里さんはじめ、〈ほぼ日刊イトイ新聞〉関係者の皆様、4年間にわたるご支援、本当にありがとうございました。気仙沼出身者のひとりとして心からお礼を申し上げます。これからも、いろんな形での気仙沼への応援をどうぞ、よろしくお願いいたします。


なお、〈気仙沼のほぼ日〉開設までの経緯については、4年前につぎのブログにまとめております。どうぞお読みください。

2011年10月28日ブログ「ほぼ日in気仙沼」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 ほぼ日 気仙沼のほぼ日 東北ツリーハウス観光協会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示