熊谷康雄君の訃報

15日のお昼前、菊田裕美君(3年1組)からメール。〈きょうの三陸新報に熊谷康雄君の訃報が掲載されています〉。デジタル版の紙面を見てみると、たしかにつぎの訃報広告が。

8月15日
8月15日三陸新報の訃報広告

13日に亡くなった熊谷康雄君(3年5組)とは何度か同じクラスになりました。文学が好きで、たしか詩をかいていたと思う。気仙沼高校のときには文芸部でした。

気仙沼郵便局につとめ、郵便配達などもしていたことを覚えています。30年以上前の夏、私が帰省し気仙沼の実家でゆっくりしているときに康雄君が配達に来て、〈あれ、帰ってだの。元気だったすか〉と声をかけてくれました。その中学のころから変わっていない木訥(ぼくとつ)な語り口をいまでも思い出すことができます。

クラスを確認するために気仙沼中学の卒業アルバムのあと、気仙沼高校のアルバムを開きました。3年3組。康雄君の隣には裕美君がうつっていました。そうか高校3年で同級だったのか。

本通夜は本日8月17日(月)午後2時〜7時(お勤め 午後5時)アーバンメモリアルホール田中前。葬儀は18日午後2時より同じくアーバンにて。喪主は息子さんでしょう。訃報には〈孫一同〉との記名もありました。やさしいお祖父ちゃんでもあったのでしょう。

永らく病気療養中だったという熊谷康雄君。そのご冥福を心からお祈りいたします。合掌
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。


私は甥っ子にあたる者です。



わざわざ掲載していただいて、ありがとうございます。

本日(通夜)は沢山のかたがたにご参列頂きました。


小さな頃からたくさん可愛がってもらいました。




明日は告別式なので、盛大に見送りたいと思います。


Re: タイトルなし

おじさんから「小さな頃からたくさん可愛がってもらいました」とのこと。康雄君のやさしさを懐かしく思い出します。別途、返信メールもさせていただきました。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示