鮪立ツリーハウス

気仙沼市唐桑の鮪立(しびたち)にこのほどツリーハウスが完成しました。このブログで何度も紹介してきた東北ツリーハウス観光協会が立命館大学の災害復興支援室と連携し、同大学の学生の協力も得て制作を進めてきました。場所は、唐桑御殿の民宿「つなかん」の裏の桜の木の下。8月7日(金)には、完成を祝ってお披露目の会が催されました。その様子を8日の三陸新報が伝えています。

鮪立ツリーハウス

三陸新報8月8日記事の一部イメージ

記事の写真で窓の左側にうつっているのは〈東北に100のツリーハウスを作ろう〉というプロジェクトの発案者でもある〈ほぼ日〉の糸井重里さんでしょう。その左下は、協会の事務局長をつとめる八日町〈齊藤茶舗〉斉藤道有さんだと思います。

同協会のブログによればこの鮪立のツリーハウスは通算6棟目となります。三陸新報の記事では5棟目としていますが、着工と完成の時期の違いによるものでしょう。気仙沼では現在、落合地区の廿一(にじゅういち)でもツリーハウス建設が進められています。

三陸新報の記事では糸井さんがつぎのように語っています。「協会が造ったツリーハウスのうち、海が望めるのは今のところ鮪立だけ。地域にとって自慢のスポットになればうれしい。ぜひ多くの人に訪れてもらいたい」

糸井さんは7日、〈ほぼ日〉のご自身のコラム〈今日のダーリン〉で、鮪立のツリーハウスを紹介しながら、その完成を見ることなく7月24日に亡くなった〈つなかん/守屋水産〉のおばあちゃん、菅野あや子さんのことを記していました。お披露目のあった日8月7日は気仙沼の〈七日日/七カ日/なのかび〉。親しくしている家の初盆を迎える〈新しい仏さん〉を拝みにいく日でもありました。

唐桑の鮪立湾、そして向こうには大島の亀山を望む桜の木の下のツリーハウス。ぜひ、唐桑を愛するひとたちの良き〈スポット〉として育ってくれればと。

東北ツリーハウス観光協会公式サイト
東北ツリーハウス観光協会Facebook
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 東北ツリーハウス観光協会 鮪立

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示