三橋美智也の歌声

明日からは8月。そして1日(土)、2日(日)は、いよいよ気仙沼みなとまつりです。昨年、〈けせんぬまさいがいエフエム〉のまつり中継を聴いていて印象的だったのが〈気仙沼音頭〉。耳にしたとたん、一気に昔の気仙沼にタイムスリップしたかのようでした。

昨年8月のブログでも紹介しましたが、YouTubeにあがっていた三橋美智也さんの歌声を今年もどうぞ。


気仙沼音頭/三橋美智也(YouTube)

歌詞はつぎのとおりです。

気仙沼音頭


ハアー
みなと気仙沼 一度はお出で
前に大島 岩井崎
(ドントナ ドント ドドント 輪になって踊れ サテ)
気仙沼音頭で 踊りゃんせ
(ホンによいとこ よいみなと)
(以下唄ばやし略)

ハアー
積んだ鰹は 万々両よ
あれは気仙沼 灯が見える

ハアー
安波亀山 花見の化粧
間(あい)のみなとが水かがみ

ハアー
土佐も熊野も 鹿島の灘も
超えて来たぞえ 気仙沼

ハアー
解いたともづな 情けでつなぐ
一夜泊まりが ふた泊まり

気仙沼音頭は、1968(昭和43)年8月の第18回みなとまつりで発表されました。詳しくは昨年のブログをご覧いただければと。私は今年も東京にてネット経由で〈けせんぬまさいがいエフエム〉の中継を聴き、少しだけおまつり気分を味わおうと思っております。

2014年8月4日ブログ「気仙沼音頭の歌詞」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼みなとまつり 気仙沼音頭

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示