FC2ブログ

唐桑中学校の校歌

三陸新報7月26日(日)の学校紹介は、気仙沼市立唐桑中学校。そこに校歌が掲載されていました。

唐桑中学校歌
三陸新報7月26日記事の一部イメージ(クリックで拡大)

昭和32年に制定されたこの校歌の作詞は、大島中学や松岩中学の校歌も作詞している大島出身の詩人・童話作家の水上不二(みずかみ・ふじ)さんです。ここまではなんの不思議もないのですが、作曲者の名に驚きました。末広恭雄(すえひろ やすお)さん。

末広恭雄さんは、東京大学農学部水産学科教授としての学術活動の一方、魚に関する様々な随筆を通して〈お魚博士〉としても知られていました。記憶があいまいですが、気仙沼の地元紙にも連載をしていたことがあったような気がします。少なくとも、私が中学や高校の頃から、そのお名前を目にしておりました。

その末広博士が、作曲もしていたとは。ネットで調べてみたら、ウィキペディアに、〈作曲家としては山田耕筰の弟子であり、サトウハチローの詞による童謡『秋の子』がよく知られている〉という記述がありました。余技ではなく本格。魚類の学者であり、作曲家でもある。すごいなあ。かなりかっこいい。なお、末広さんの作曲の師である山田耕筰さんは、気仙沼中学の校歌を作曲しています。

末広さんは1988年7月、84歳で亡くなられました。唐桑中学の校歌を作曲していたことを知り、あらためて気仙沼との縁の深さを感じたのです。ありがとうございました。合掌

4月28日ブログ「大島中学校の校歌」
7月1日ブログ「松岩中学校の校歌」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示