気仙沼かつおの日

7月25日(土)に〈カネシメイチ〉の小山修司君(3年5組)から電話がありました。8月1日を〈気仙沼かつおの日〉にしようと準備を進めているというのです。ポスターなどもつくったとのこと。こんな感じです。

ポスター1 ポスター2

昨日28日には報道関係者への発表が行われ、本日29日の河北新報も配信していました。記事を引用します。

「 気仙沼市の気仙沼商工会議所水産流通部会が、来年から8月1日を「気仙沼かつおの日」に制定しようと準備を進めている。同市は18年連続で生鮮カツオの水揚げが日本一。市の魚にも指定されており、地域のさらなる盛り上がりを狙う。
 8月1日は気仙沼港での水揚げ量が多く、観光シーズンと重なることから選んだ。海の日の7月20日から約1カ月間は「気仙沼かつお祭り」期間とする。
 部会メンバーで準備委員会をつくり、今後は行政や観光業界などと連携して検討を進めていく。
 水産流通部会長の小山修司さん(63)は「水揚げをする漁船に感謝の気持ちを伝え、市内外に気仙沼カツオをアピールする日にしたい」と話し、のぼりやポスターで周知する考えだ」引用は以上。

修司君の話では今年からというように聞こえたのですが、来年の正式制定に向けて実質的な活動を開始したということのようです。ポスターなどは、そのための事前プロモーションということなのでしょう。来年の制定に向けて、気仙沼商工会議所の水産流通部会と観光サービス部会が中心となって準備委員会が発足したそうです。

電話で修司君は、〈8月1日は八月朔日(八朔/はっさく)で、縁起もよい〉と語っていました。そして、〈ポスターには恵比寿さんも入れといたから〉といって笑いました。私たちが生まれ育った魚町の浮見堂で、内湾を向いて立っていた恵比寿さんのことを思い出しながら私も笑いました。大漁祈願の恵比寿像は、大震災の津波で流出し今はその姿がありません。

8月1日は〈気仙沼かつおの日〉。関係者の協力と賛同を得て制定されるようにと願っております。

6月25日ブログ「亀洋丸の新聞記事」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼かつおの日

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示