信金OBの活躍

昨日9月5日の記事には今ふたつのコメントをいただいています。
記事下の「コメント」をクリックすると読むことができます。
ひとつは板橋和夫君をなつかしむ声、もうひとつは気仙沼信用金庫OBの活躍を述べたつぎのコメントです。

「 気仙沼信用金庫も、ようやく通常業務に戻ったようだ。震災当時は、もう混乱の極みで修羅場だった。そんな時、業務可能な「駅前支店」と「南支店」で朝から晩まで時間に関係なく表に立って顧客の世話や相談を受けていたのが、信金OBでもある小野寺龍一君(3年8組)と斎藤康雄君(3年9組)だ」

このあとに、龍一君と同じクラスだったオダ君がなぜその活躍を書かないのかというお叱りが続きます。

本当に申し訳ありません。こうしたことが沢山あるのでしょうね。正直にいって知りませんでした。龍一君が信金の「OB」になっていることも、康男君が同じ信金だったことも。

龍一君には同窓クラスの会計などの世話もお願いしています。先日、吉田(岩淵)恵子さんと電話で話した際も、震災で亡くなった同じクラスの鷺(庄司)良子さんの弔慰金のことなどもいろいろ心配りしてくれていたとのことです。

どうぞこれからも、そうした同窓・同級の仲間の活躍を教えてください。このブログの左の「メールフォーム」欄を利用すると、公開されることなく私のところにメールが届きます。名前もメールアドレスが未記入でも利用することができます。

まずはお詫びとお願いまで。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

僕らはみんな恋人さ

早速、「信金OBの活躍」を取り上げていただきありがとうです。
又、小田君に対し批判的な事を書いた非礼をお詫びします。
最近、このページとブログがあるのを知りました。
首都圏在住の同級生の方々が、地元の為に支援していることに対し、ただただ感謝します。
ツイッターの@でも書きましたが、気中学校市長選の立会演説会で、小田君が最後に放った言葉、橋幸夫の曲の題名「僕らはみんな恋人さ」を、しみじみ実感しているところです。

Re: 僕らはみんな恋人さ

1970さん
連絡ありがとうございました。お詫びなどとんでもない。こちらこそです。
それにしても、「僕らはみんな恋人さ」をよく覚えていましたね。
今度これをネタに記事を書こうと思っています(笑)。
これからもよろしくお願いします。

> 早速、「信金OBの活躍」を取り上げていただきありがとうです。
> 又、小田君に対し批判的な事を書いた非礼をお詫びします。
> 最近、このページとブログがあるのを知りました。
> 首都圏在住の同級生の方々が、地元の為に支援していることに対し、ただただ感謝します。
> ツイッターの@でも書きましたが、気中学校市長選の立会演説会で、小田君が最後に放った言葉、橋幸夫の曲の題名「僕らはみんな恋人さ」を、しみじみ実感しているところです。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示