最後の帰省

明日2日から4日まで気仙沼に帰ります。このブログも日曜日まではお休みです。

仙台の母と兄夫婦とともに、魚町坂口の実家に残してあった、ふとんなどのわずかな荷物をかたづけます。家そのものは残るにしても、もう私たちが泊まることもありません。

3年前に父が亡くなったあと、気仙沼で母がひとりで暮らしておりました。母は今年2月の私の還暦祝いが過ぎたら、仙台のケアハウスに入居しようと昨年から計画しておりましたから、母のひっこしもこの片付けも予定どおりではあるのです。
ただ、今回の津波、震災だけが想定外でした。

以前は、私の実家がなくなっても、南町の妻の実家がまだあるからと思っていたのですが、今やそれも津波でやられ解体撤去を待つばかり。
実家に帰るという意味では私にとって最後の帰省となるでしょう。

さきほど、9月3日夜の田中前「宮登」を予約。母、兄夫婦、私と妻と息子の6人。
私たちにとって、気仙沼での最後の晩餐です。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示