2月12日の記憶

久しぶりに、気仙沼の“ぶっちゃん”こと吉田(岩淵)恵子さんに電話しました。
恵子さんは、気仙沼中学3年8組、正真正銘の同級生です。小学1年2年でも同級ですから、いわば幼なじみですね。

恵子さんのお母さんは、震災後に脳梗塞をおこしたのですが、気仙沼近辺の病院は満杯でどうにもならず、青森県弘前の医療施設に入院しています。
そして恵子さんや弟さん、また姪っ子なども協力して、毎週のように弘前に行っているのだそうです。岩淵一家は結束が固いのです。

幸いなことに、9月末か10月はじめには気仙沼の医療施設に移れそうだということで、今はまたその手配、準備で大わらわだそうです。

私が5月の連休時に気仙沼に帰ったとき、福美町に恵子さんをたずねましたが不在で会えませんでした。そのときも弘前に行っていたようです。

恵子さんによれば、還暦祝いのアルバムやDVDも、クラス別の写真を再度集めたりして、熊谷孝良君のスタジオアートで作業進行中とのこと。

恵子さんも3年8組のスナップ写真を何枚か提供したそうです。それらの写真には、今回の震災で亡くなった鷺(庄司)良子さんも素敵な笑顔でうつっており、とてもつらかったといいます。

近いうちに、昨年8月14日の物故祭と震災一カ月前2月12日の還暦祝いを記録したアルバムが届くことでしょう。
あの楽しかった日の写真や映像を見て、私たちはいったいなにを思うのでしょうか。

気中20回生にとっては、忘れられない「記念アルバム」になりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示