ミッフィー60周年

東京・松屋銀座で開催されている〈ミッフィー展〉。4月29日に、このミッフィー生誕60周年を記念しての催しに行ってきました。

会場では、〈かわいい!〉の声があちらこちらからあがっていました。その中でも〈気仙沼ニッティング〉の赤いカーディガンを着たミッフィーが〈一番人気〉。私のとなりで見ていた若い女性は、説明文を読んで〈きせんぬまニッティングだって〉と語っていました。〈き〉ではなく〈け〉ですと教えてあげようとも思いましたが、ぐっと我慢(笑)。

耳の部分も含めて180cmもあるミッフィーが、赤いカーディガンを着て会場にたたずんでいる姿は、なんていうのか〈じーんっ〉とくるものがありました。〈ミッフィー・アートパレード〉としてほかのアーチスト作品も展示されていましたが、この〈気仙沼ニッティング&ほぼ日刊イトイ新聞〉のミッフィーがまさに〈ダントツ〉。丁寧な仕事によって生み出された細やかなニュアンスと暖かい印象が見る人に伝わってきます。

この気仙沼ミッフィーの姿を写真でお伝えしたいところですが、撮影禁止でした。その代わりに、ショップで購入したポストカードをフレームに入れてご紹介。

ミッフィー

これはディック・ブルーナーが、1955年に初めて出版したミッフィーの絵本の一頁。この第一版のみ長方形の判型で、それ以降はみなさんご存じの正方形となりました。

私は、2004年に板橋区立美術館で開催された〈ディック・ブルーナー展〉にも行きました。ブルーナーが描いた111冊の絵本全冊と、2000冊におよぶペーパーバック装丁からの主要作品が展示されていました。今でも強い印象が残る展覧会。今回の〈ミッフィー展〉は、それに比較して少しものたりない印象がありましたが、気仙沼ニッティングのカーディガンをまとったミッフィーを直接見るだけで十分に満足しました。

松屋銀座での〈ミッフィー展〉は5月10日(日)まで。ぜひご覧いただければと。

◎誕生60周年記念「ミッフィー展」
◎松屋銀座8階(中央区銀座3-6-1)
◎2015年4月15日(水)〜5月10日(日)午前10時〜午後8時
(最終日10日は、午後5時閉場・入場は閉場の30分前まで)
◎入場料:一般1,000円、高大学生700円、中学生500円、小学生300円

赤いカーディガンを着たミッフィー像は下記のサイトにてご覧ください

ほぼ日「気仙沼で編んでもらったミッフィーちゃん」
4月21日ブログ「気仙沼ミッフィー」

スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼ニッティング ミッフィー展

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示