元気にする会報告

きのう2月11日の第7回「気仙沼を元気にする会」の報告です。今回のテーマは「食で気仙沼を元気にしよう!! 」。160席の会場に200人近くが集合。同年会けせもい会からは気仙沼中が鈴木徳一君、菊田裕美君、わたくし小田明紀、唐桑中は村上教行君、津谷中は諸橋茂君が参加しました。

まずは実行委員長の熊田利英子さんからの挨拶。前回、熊田さんは病気のために出席できませんでした。元気な姿を見せてくれてなにより。そして、ゲスト3氏からそれぞれ10分ほど〈気仙沼の食〉についての話。司会は、前回と同じく気仙沼出身の佐藤千晶さんです。

写真を紹介します。順に、熊田さん、菅原茂市長、菅原昭彦さん(スローフード気仙沼理事長/気仙沼商工会議所会頭/(株)男山本店代表取締役)、髙橋滉さん(サメの街気仙沼構想推進協議会/中華高橋水産(株)代表取締役)。(写真はクリックで拡大)

熊田さん 市長
菅原さん 高橋さん

それぞれの話の後は、トークショー。そして20分ほどの休憩時間で会場準備が行われて懇親会がありました。今回の参加者の特徴は若い人が多かったこと。4割は初めての参加者と聞きました。また、いつものことながら、気仙沼サポートビューローのメンバーをはじめ多くの若い方々がお手伝いをしてくれていました。その中には、小山隆市君(3年6組)次男のアキヒロ君や、鈴木(佐々木)真知子さん(4組)の長女アキさんも。写真は、トークショー、先輩らとの記念写真、アキさんを囲んで、東海大学「気仙沼シャーク(サメ)プロジェクト」の紹介です。

トークショー メンバー
亜紀さん 大学生

今回は〈食〉をテーマにしたためか、前半のトークにしても後半の懇親会にしても大変リラックスした雰囲気があったように思います。懇親会では、気仙沼の食に関係する人たちや支援活動を行っている人たちからの話もありました。それぞれに参加者からの応援コメントをいただくのですが、村上君はイオン顧問として、諸橋君は防衛大・自衛隊OBとして一言メッセージを求められていました。サメやメカジキなどを使った料理も供され、お酒を飲みながらの楽しい時間を過ごすことができました。

まずは簡単な報告ですが、少しでも会場に満ちた気仙沼応援の雰囲気が伝わればと。そして、準備と運営でお手伝い頂いた多くの方々に御礼を申し上げます。ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 気仙沼を元気にする会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示