地球環境の殿堂へ

今日は、北日本を中心に今期最強クラスの寒気が流れ込むとのこと。東京もかなりの冷え込みですが、気仙沼の寒さ、いかばかりかと。

さて本題。気仙沼の「森は海の恋人」活動で知られる畠山重篤さんが、また新たな受賞です。地球環境の保全に貢献した人を顕彰する「KYOTO地球環境の殿堂」入りが決まり、2月7日に京都で表彰式がありました。

重篤さん

47newsの記事(共同通信配信)イメージ

上記配信記事を引用します。

「地球環境の保全に貢献した人を顕彰する「KYOTO地球環境の殿堂」に入ることが決まった、NPO法人「森は海の恋人」(宮城県気仙沼市)の理事長畠山重篤氏(71)の表彰式が7日、京都市左京区の国立京都国際会館であった。畠山氏は「活動を評価してもらい、うれしい」と笑顔を見せた。
 気仙沼市でカキ養殖業を営む中で、豊かな海を取り戻すには、上流の森を守ることが大切と気付き、環境保全活動に取り組んできた。漁業関係者による広葉樹の植林活動や、子どもたちへの環境教育に力を注いできたことが評価された。2012年には国連機関から「国際森林ヒーロー」に選出された。」引用は以上。

「KYOTO地球環境の殿堂」は、温室効果ガスなどの削減目標を定めた〈京都議定書〉誕生の地となった、京都府と京都市、そして京都商工会議所などによって2009年度に創設され今回が第6回目。これまでに国内外11人が殿堂入りしています。

畠山さんは、NPO「森は海の恋人」理事長であると同時に、京都大学フィールド科学教育研究センター 社会連携教授をつとめています。京都環境学術フォーラムのホームページでは、畠山重篤さんの受賞歴をつぎのように紹介しています。

<主な受賞歴>
1994年 朝日森林文化賞
2000年 第6回環境水俣賞
2003年 緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰
2004年 第52回日本エッセイスト・クラブ賞
2004年 宮沢賢治イーハトーブ賞
2012年 フォレストヒーローズ(国際森林ヒーロー)

なお、前回6回目の殿堂入りは、「いのちを守る森の防潮堤づくり」などでも知られる宮脇昭さんでした。1回目には、ノーベル平和賞も受賞し〈MOTTAINAI〉で知られるケニアのワンガリ マータイさん、第2回には、ブータン王国のシグミ・シンゲ・ワンチュク国王陛下などもいらっしゃいます。

畠山重篤さんの様々な受賞については、なんか慣れっこになっちゃった感じもあるのですが、社会的な意義のあるこの受賞、快挙といってよいでしょう。気仙沼の人と共に、祝い、喜びたいと思います。重篤さん、おめでとうございました。

2012年2月14日ブログ「国連の畠山さん」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 畠山重篤 KYOTO地球環境の殿堂 森は海の恋人

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示