5カ月たちました

もう5カ月か。気仙沼のがれきはそのままに月日だけが過ぎていきます。
そしてこの猛暑のなか、被災地でいまだ行方がわからない方々の捜索やボランティア活動など、懸命の作業を続けてくださっている多くの方がいます。まずはそうした方々に心からお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございます。

気仙沼市震災復興市民委員会の方々も、本業というか自分の仕事をもちながら、気仙沼復興のために尽力してくれています。小山隆市君の息子さん裕隆君も委員をつとめています。

もうひとりの委員、齋藤玲紀さんを紹介しましょう。所属は日本マイクロソフト(株)MSNアジア太平洋SEO&ソーシャルメディアリード。新城か新月出身で中学は気中ではないようですが、気仙沼高校40回生。我々気中20回生が高校22回生ですので、41~42歳でしょうか。

ツイッターでの彼のアカウント名は「@kesennumakun」ですが、そのツイート情報を読んでいると、本当に忙しい。
7月後半の一週間は海外出張で、ロンドンからカナダのカルガリー、そしてアメリカはシアトルへ。空港やホテルでは、さまざまな気仙沼情報をツイートしています。そして帰国して今度はすぐに気仙沼です。身体がもつのかどうかと心配にもなってきます。

昨日、斎藤さんに激励のツイートを。
「 復興市民委員会ほか様々なサポート、そしてさらにfacebook。多忙な仕事のなかでの支援活動に本当に頭が下がります。どうぞ体調管理にも留意されますように。応援しております 」

すると早速に返信のツイート。
「 いやいや、私はただの冠的な役割ですので、市役所含めたくさんの支援をいただいて進めていますので大丈夫です。それにしても、いろいろな支援活動を通じて思うのは震災で気仙沼は多くを失ったけど内外に人材は残っています。人間的にも知識やスキル的にも尊敬できる方が多くいます 」

齋藤さん、これはなかなかできることではありませんよ。ホント脱帽です。
私たちも応援していますので、これからもよろしくお願いいたします。

気仙沼市震災復興市民委員会 公式サイト

齋藤さんら有志で立ち上げたFacebookのページが、市の海外向けサイトとして正式承認されました。こちらもご覧ください。
気仙沼市公式海外向けサイト

さて、毎月11日には、支援金口座のご案内をいたしております。
どうぞよろしく。何度でも(微笑)。
支援金口座情報はここから 


スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示