伊勢丹さんに感謝

一昨日2日、妻が〈新宿伊勢丹のチラシに気仙沼ニッティングが出ていたよ〉と教えてくれました。〈Life is a Gift〉と題された伊勢丹 新宿店のクリスマスキャンペーンの新聞折り込み広告。こんな感じです。

伊勢丹チラシ
折り込み広告一部イメージ(右下に気仙沼ニッティング商品)

気仙沼ニット
気仙沼ニッティング 商品部分拡大

伊勢丹の新宿店は、都内というか日本で一番おしゃれな百貨店といってよいでしょう。そのクリスマスキャンペーンに取り上げてもらえるというのは、そう簡単にできることではありません。驚きました。商品説明文を紹介します。

「1着ずつ手編みで仕上げた、宮城県気仙沼市生まれのセーター。編み手さんの名前とシリアルナンバーが入ったカード付き。〈KESENNUMA KNITTING〉男女児セーター各54,000円(毛100%/110・130cm)12月3日(水)〜16日(火)新宿店本館6階ウエストパーク」引用は以上。

商品は「こどもエチュード」。気仙沼ニッティングさんのツイートによれば、売場は本館6階エスカレーター脇の子ども服売り場。上りエスカレーターを降りて左手です。

なお3日から9日(火)まで、気仙沼の〈斉吉〉さんも伊勢丹新宿店本館地下1階フードコレクション(催しもの場)に出店しています。こちらにも是非お寄りください。「キンキの煮付け」なども販売とのことです。

〈Life is a Gift〉という伊勢丹のキャンペーンテーマには、〈せかいのすべてが、おくりもの。〉というコピーが付されていました。たしかに、世界は贈り物で満たされているのかも。だれかのおかげで生きることができている。おかげさまで。

〈伊勢丹〉を展開する三越伊勢丹グループさんの被災地支援に、気仙沼出身者のひとりとしてお礼を申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼ニッティング 伊勢丹

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示