水上不二 記念詩集

気仙沼大島出身の詩人・童話作家で、大島を〈緑の真珠〉と讃えた水上不二(みずかみふじ)のCD付きの詩集が制作されたと、11月29日の河北新報が伝えています。

水上不二
河北新報2014年11月29日配信記事の一部イメージ

河北新報11月29日配信記事

記事を引用します。

「 気仙沼市大島出身の詩人、童謡作家水上不二(1904~65年)の生誕110年を記念したCD付き詩集「海の少年」が出来上がった。水上不二誕生110年記念事業実行委員会(菊田栄四郎会長)が自費出版した。
 「海の少年」「ぼくは地球の船長だ」「いわし」「昆虫列車のうた」「アスナロウの木」など代表的な35編の詩を掲載。各編には、市内の児童から毎年募集している水上不二作品感想画コンクールの入選作や、大島の風景写真などが添えられた。
 不二の詩は約50編が童謡になっている。CDには、大島住民と交流を続ける山口県周防大島町の兄妹デュオ「マウンテンマウス」作曲の歌など12編を収録した。
 元気仙沼市図書館長の荒木英夫さん(83)が不二の作品の成り立ちや特徴を解説。ことし8~9月にNHK「みんなのうた」で「アスナロウの木」(CD未収録)が放送された経緯をNPO法人「緑の真珠・アスナロウの会」の保田全(やすだ・あきら)代表理事(73)が紹介している。
 記念事業実行委の菊田会長は「ことしは『みんなのうた』にもなり、詩集出版を機に不二の作品世界を全国にアピールしていきたい。生きもの、弱いものを応援する不二の詩の温かさに触れてほしい」と話す。2000冊製作し、1冊900円(税込み)で販売する。連絡先は編集責任者の堺健さん090(9741)6468」引用は以上です。

私も読んでみたいと思い、さっそく堺さんに電話して注文。氏名と住所を伝えれば、詩集と一緒に費用振込用紙を送ってくれるとのことです。皆様も是非に。

最後に水上不二が大島をうたった詩文を紹介しておきましょう。気仙沼の人ならすでにご存じのことと思います。(表記は、大島神社の石碑文にしたがいました)

海はいのちのみなもと
波はいのちのかがやき
大島よ
永遠にみどりの真珠であれ

この詩文、以前このブログでも紹介したなと思って調べてみましたら、大島の気高同級生で現市議会議員の熊谷雅裕君が三陸新報に投稿した文章の中にありました。こちらも是非ご覧ください。

2012年6月25日ブログ「防潮堤は誰のため」
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 水上不二 気仙沼大島

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示