FC2ブログ

気仙沼調査報告

今回の震災では、多くの大学による復興支援がおこなわれていますが、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の活動もそのひとつです。

同SFC環境情報学部3年の清水健佑君の実家は気仙沼の八葉水産ですが、今回の震災で多大な被害を受けました。これをきっかけとして、SFCに「気仙沼復興プロジェクト」が設けられ、教員・学生合わせて約100名による活動が進められています。

これまで気仙沼現地での調査活動も進められ、その成果が「気仙沼まちづくり調査報告書」としてまとめられています。
これが実によくできていて、昨日のブログ記事で「自分は鹿折地区のことをあまり知らなかったな」と書いたのも、この報告書を読んだことがきっかけでした。
気仙沼で育った人よりも、「よその人」のほうがものごとを歴史的にそして鳥瞰的にみることができるのだなとも感じました。

報告書はPDFファイルで、携帯からは見にくいかもしれませんが、パソコン環境があればぜひご覧ください。勉強になりますよ(笑)。

気仙沼まちづくり調査報告書(PDF)

気仙沼復興プロジェクトHP
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示