KSS42秋の懇親会

10月19日に、仙台で「KSS42(昭和42年中学卒気仙沼・仙台三陸会)」26年秋の懇親会が開催されました。代表の小山達朗君からメッセージをいただきましたので紹介します。

「10月19日(日)に、仙台地区の同年会である「KSS42」の秋の懇親会を開催しました。参加者33名が、それぞれの近況や思い出を語り合いながら楽しい時間を過ごすことができました。会場には、先日突然の訃報が届いた気仙沼の菊田雄三さん(気中3年8組)をはじめ亡くなった同級生を偲ぶポスターを掲げ、哀悼の意を表しました。
仙台の花の一番町にあるイタリア料理店「デル・カピターノ」での懇親会。お酒と美味しい料理を堪能しながら、賑やかに盛り上がりました。ゲストとして迎えた斎藤高史さん(同8組)の「アンチエイジング」をテーマにした話も、皆さんが興味深く聞いていました。斎藤さんは気仙沼で経営していたスポーツジムを、震災で被災した後、仙台市近郊の利府町に移しました。専門テーマである健康と身体づくりについて講演していただきました。私も日頃の運動不足と食生活改善の必要を実感しました。皆さんも大いに参考になったようです。
春の総会以来の集まりでしたが、3名の方が今回はじめて参加するなど、着実に参加者が増えております。これからもこの楽しい会を続けていきたいと改めて思った次第です」KSS42幹事一同 代表 小山達朗

下の写真は、送られてきた当日の集合写真です。黒田拓夫君など気仙沼からかけつけたメンバーもうつっています。

141019全員集合で

上記文中にあった追悼のポスターも紹介しておきましょう。このブログでの紹介用に修正して送ってくれました。デザイナー/イラストレーターの平野秀明君(3組)が制作しました。

捧げますポスター修正

平野君からもメッセージをいただきました。
「雄三君の訃報を知り、すごいショックでした。自分に何かできないのかと、その日の夜ずーっと思案しました。会の前日の午前中にアイデアが膨れ上がり、一気に仕上げた作品です。なにか、亡くなった雄三君やみんなのパワーを頂いてできあがったように感じています。今後の懇親会にいろいろな思いのこもった作品を展示できればと考えております」

気仙沼・神明崎の浮御堂(浮見堂)と高田松原の一本松。平野君のイラストレーションは光や陰影の表現など、さすがにうまい。ポスターには、震災で亡くなった2人と、その後に亡くなった気中同級生の名も記してありました。小山美年子さん(9組)の名も。

あくまで我々が知る範囲でのことですが、その数10人。多いのか少ないのか私にはわかりません。しかし、こうして惜しくも亡くなった同級生の名を目にすると、一年に何度か同年生が集まって楽しい時間を過ごせることが、本当にありがたいことなのだなあと思わずにはいられません。


なお、KSS42の事務局は弁護士 小松亀一君(6組)の法律事務所におかれていますが、そのウェブサイトでも、懇親会の様子が報告されています。こちらも是非ご覧ください。

小松亀一法律事務所サイト
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災支援活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 KSS42

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示